俊顕君の父上に会う

ある日の夜、携帯に俊顕くんの父上から電話がかかってきた。

父上「聡一くん、今電話しとってもだいじょうぶかね。」
私「はい、だいじょうぶです。」
父上「用と言うほどのことではないのだが、近いうちにメシでも食わんかね。」
私「はい、ご一緒させてください。」
父上「では、来週、聡一くんは時間があるか?」
私「ええと、来週でしたら、夜はいつでもだいじょうぶですが。」
父上「それなら、金曜の夜にでも、ちょっと出てきてもらえるかね。」
私「はい、どこでもうかがいます。」
父上「では、場所が決まったら、メールを入れるよ。」
私「よろしくお願いします。」

私は俊顕くんの父上と電話をしながら、少し緊張していた。面と向かって会うとそれほど緊張しないのだが、電話だとなぜかちょっと緊張してしまう。電話だと表情が読めないからかもしれない。
確かに以前、俊顕くんの婚約者の日本舞踊の会であった時に、食事の誘いは受けていたが、それはお愛想のひとつだと私は思っていたからだ。
とにかく考えてみても、俊顕くんの父上が何を私と話したがっているのか、よくわからなかった。とにかくあって話してみるしかないだろう。

そして食事をする日、私は少し早い目に、目的の店の最寄り駅に着いていた。そのまま行くとちょっと早すぎるので、私は駅前の商店街を散歩して時間をつぶした。
そして約束の時間の5分前に、私は店に行った。
中に入って、和服の女性に案内されて、私は奥まったところにある個室に入った。あまり広くはないが、雪見障子の向こうには手入れの行き届いた坪庭が見えていた。

和服の女性「いらっしゃいませ。私は女将の○○でございます。さきほど●●様からお電話がございまして、5分ほど遅れるということでございます。先にのどを潤すものをお持ちするように申し遣っております、どういたしましょうか?」
私「それでは、お茶をお願いします。」
和服の女性「かしこまりました。ごゆっくりおくつろぎください。」

しばらくしてお茶が出されたころ、俊顕くんの父上が少し遅れて現れた。

父上「すまんすまん、少し遅れてしまったな。」
私「どうもご無沙汰しています。」
父上「なあに、それはお互いさまだよ。とりあえず、乾杯でもするか。」

そこに女将がビールを乗せた盆を持って部屋に入ってきた。そして女将の手でグラスに冷たいビールが注がれた。

父上「まあなんでもいいが、とりあえず再会を祝して乾杯だな。」
私「ありがとうございます、乾杯。」
父上「この間は俊顕が酔って、聡一くんにも迷惑かけたそうだな。」
私「俊顕くんは迷惑なんかかけてませんよ。まあ、多少は酔ってたみたいでしたが・・・」
父上「聡一くんにまで甘えてしまったみたいだな。」
私「俊顕くんはいろいろとプレッシャーがあるみたいだから、少しくらいは息抜きしてもいいのではないかと・・・」
父上「それにしても、聡一くんとジュンくんには礼を言うよ。わたしが思っていたよりも、俊顕は実戦で追い詰められると、時として脆いところがあってな・・・」
私「俊顕くんは背負っているものが多いから、他人より負担が大きいんですよ。」
父上「その点、ジュンくんはいざとなると、精神がしなやかで強い。」
私「それは、俊顕くんほどジュンはいろんなものを背負ってないからですよ。まだまだ子供みたいなことろもあるし・・・」
父上「聡一くんは会社でのジュンくんを見てないからだよ。ジュンくんも家では聡一くんに甘えたいのだろう。」
私「私の知らないところで、ジュンも成長しているのかもしれませんね。」
父上「ジュンくんが協力してくれれば、俊顕もこれから先、どんなことがあっても仕事を続けられるだろうと思う。」
私「ジュンの方も、俊顕くんを同い年だけど兄弟みたいに慕ってるみたいですし。」
父上「それはとてもありがたいことだが、ジュンくんと違って、俊顕の方はもっと困った感情をジュンくんに抱いとるんだよ・・・」
私「その点については、ジュンの方も俊顕くんの気持ちを解った上で、俊顕くんと親友として付き合っていきたいと言ってます・・・」
父上「そうかね、ジュンくんは俊顕の気持ちを解った上で、付き合ってくれとるわけだな。」
私「俊顕くんは、ジュンへの感情はちゃんと温存しながら、ちゃんと結婚もして跡継ぎを作ると言ってますから、心配はないと思います。」
父上「それを聞くと、少しは安心できたよ。」
私「ほんとうに、俊顕くんと友達になれたのは、ジュンにとってもすごくよかったと思います。」
父上「まあ、これからは、聡一くんとも親戚のような付き合いをしていければいいと、私は思ってるんだよ。」
私「もうじゅうぶんに親しくしていただいていると思うのですが・・・」
父上「われわれの方の親類というと、こんなことは言うのも恥ずかしいのだが、親戚付き合いと言っても、血縁より欲が優先されてな、言ってみれば、金の切れ目が縁の切れ目といった付き合いがほとんどなんだよ。その点、ジュンくんや聡一くんとは、欲得抜きのきれいな付き合いができる。これは私には貴重なことなんだよ。よろしく頼む。」
私「そんな、頭を上げてください。もったいないお申し出、ありがとうございます。私たちでいいんでしたら、喜んで。」
父上「受け入れてもらって、私もほっとしたよ。ただ、この話は、聡一くんと私だけのことにしてほしい。万が一まずいことが起こるといけないので、あんまり大っぴらにはしないほうがいいんでな。」
私「それについては、了解しました。」
父上「聡一くん理解が早いから、話しがしやすいよ。」
私「ありがとうございます。」
父上「ジュンくんも仕事の飲み込みが早いと聞いておるよ。聡一くんの子供だからとうぜんなんだろうが・・・」
私「あの、ジュンは会社でうまくやっているのでしょうか?」
父上「ああ、心配することはないぞ。」
私「このところだいぶ仕事に慣れてきたような感じはするのですが、以前はけっこう大変そうだったので・・・」
父上「まあ、仕事だからな、大変であたりまえなのだが、それにしても、ジュンくんは良くやっとるよ。俊顕も刺激を受けて、がんばっとるようだし、お互いいい影響を与え合ってる。ジュンくんに来てもらってほんとうに良かったと思っとるよ。」
私「そう言っていただけると、少し安心できました。」
父上「聡一くんは若くて、一見ジュンくんみたいな子供がいるとは見えないんだが、やはり息子のことになると、親の顔になるな。いやいや、褒めとるんだよ、誰でも子供のことはいろいろ心配してしまうからな。」
私「まだまだ子供みたいなところもありますから、もっと鍛えてやってください。」
父上「それは俊顕も同じだよ、まあだんだんと成長していくだろう。刺激しあっていっしょに伸びていってくれれば、こんなにうれしいことはない。」

俊顕くんの父上とはいろいろと話しをしながら、ゆっくりと食事を楽しんだ。
そして車でマンションまで送ってくれるという申し出を丁重にお断りして、私は電車に乗って帰った。

マンションに帰り着くと、なんと俊顕くんが来ていた。

私「なんだ、俊顕、来てたのか。ちょっと前まで、父上と食事をしてたよ。」
俊顕くん「それは知ってますって、だから聡一さんが、おやじとどんな話しをしたのか聴きたくて、おじゃましてます。」
私「私が父上と食事するのを、俊顕は知ってたんだ。」
俊顕くん「だって、おやじに俺が頼んだ話しもあったからね。」
私「俊顕、どんなことを頼んだんだよ?」
俊顕くん「ウチと聡一さんとが、親戚付き合いみたいな感じでできないかって。」
私「そんな話しもしたなあ・・・」
俊顕くん「まあ、俺とジュンとは結婚できないけど、親友だし、ウチの親と聡一さんが親戚づきあいで切るといいなって思ったんだ・・」
私「なんか本で読んだんだけど、どっかの地方では親友同士の家が親戚付き合いするみたいだね。」
俊顕くん「そうそう、そんな感じです。だから、聡一さん、ウチの親と仲良くしてくださいね。」
私「ウチはべつにいいんだけどね。」
俊顕くん「聡一さんはそう言ってくれるって思ってたんだ。」

そう言って、俊顕くんはとびきりうれしそうないい表情をした。ふだん怖い顔をしているので、そういう優しい表情がすごく印象的であった。

ジュン「すげえ、俊顕んとこと、ウチが親戚付き合いするんだ。」
俊顕くん「ゴメン、ジュンにはこのことまだ話してなかったね。」
ジュン「べつに、これはいい話なんだから、どんどん進めていっていいと思う。」
俊顕くん「ジュン、改めてよろしくね。」
私「俊顕、なんかジュンにプロポーズしてるみたいだぞ。」
俊顕くん「そんなことしてませんよ。でも気持ち的にはそう思ってるけど。」
ジュン「俊顕、ありがとう。オレとしてはすごくうれしいよ。」
俊顕くん「ジュンって、ホント性格いいよね、誰かと違って・・・」
私「誰かって誰のことかな?」
俊顕くん「うわっ、聡一さん痛いって。もうグーで殴ったな。」
私「もっと強く殴って欲しいのか?」
俊顕くん「やっぱ、聡一さんってジュンと違って・・・」
ジュン「でも、とうさんと俊顕が仲良くなって良かった。」
私「とにかく、俊顕、私のことはともかく、ジュンと仲良くしてくれよな。」
俊顕くん「わかってますって。」

その夜はまた俊顕くんはウチに泊まっていくというので、少しせまくなるが3人でベッドに横になった。

ジュン「とうさん、おやすみのキスは?」
私「俊顕がいるから、ちょっとだけだぞ。」
俊顕くん「聡一さん、俺にもしてして。」
私「なんで俊顕にまでしなきゃなんないんだよ。」
俊顕くん「だって、親戚になったじゃないですか、だから、俺はジュンの兄弟みたいなもんでしょ?」
私「まあ、そう言えなくもないが・・・」
ジュン「とうさん、俊顕にもキスしてもいいよ、でもオレに先にしてね。」

私はまずジュンにおやすみのキスをした。そして次に俊顕くんに軽くキスをした。

俊顕くん「なんか、聡一さんのキスがうますぎて、なんかちょっと勃っちゃった・・・」
私「ったく、おやすみのキスくらいで、勃起させるなよ。」
俊顕くん「でも感じちゃったからしょうがないんですって。あっ、聡一さんだってちょっと硬くしてるくせに・・・」
私「こらこら、どこ触ってんだよ、ったく。」
ジュン「オレだって、とうさんから気持ちのいいキスされると、勃つときあるんだからな。」
私「ほら、ジュン、半分眠るながらしゃべらなくていいから、ふたりとももう寝なさい。」
ジュン「とうさん、おやすみ。俊顕も・・・」
俊顕くん「ジュン、おやすみ。」
私「ふたりともぐっすり寝なさい。」

私の両脇でふたりはすぐにすやすやと眠り始めた。翌日はヒロが朝早く来ると言っていたので、ヒロが来る前に、私だけでも起きていたほうがいいなと思いながら、私もだんだんと眠っていた。




theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

俊顕くんの父上と

俊顕くんのお父上から食事をしながら久しぶりにゆっくり話さないかとのお誘いがあった。それで昨日の夜、指定された店に私はすこし早めに出かけて行った。
店の入口でお父上の名前を告げると、店の人が予約の部屋に案内してくれた。坪庭に面したそれほど広い部屋ではないが、手入れが行き届いたきれいなところだった。お茶を飲みながら、俊顕くんの父上を待っていると、すぐに父上はやってきた。
父上「いやいや、遅くなりまして・・・」
私「いえ、私のほうが早く着いてしまったものですから・・・」
父上「今日は聡一くんのほうがお客さんだから、そっちの席に移ってもらうよ。」
私「いえいえ、私はこちらで・・・」
父上「そうかね、では悪いが私がそっちに座らせてもらうよ。」
私「いつもお招きいただき、ありがとうございます。」
父上「いや、いつもお呼びたてしてすまないね。それから、ジュンくんと俊顕の同級生の父親どうしなんだから、もっとざっくばらんにいこうじゃないか。」
私「いつもジュンが俊顕くんにお世話になってまして・・・」
父上「いや、それはお互い様、俊顕の方こそ、ジュンくんには世話になっておるようだ。」
私「俊顕くんにはいろいろと学ぶことが多いみたいで、ジュンも多少は成長しているようです。」
父上「そう言ってもらうと親としてはうれしいが、俊顕も一皮剥くとまだまだ子供みたいなところもあって、まだまだですな。」
私「ジュンの方もまだまだ子供で・・・」
父上「それで今夜はジュンくんと俊顕のことで、聡一くんに相談したいことがあって、わざわざ来てもらったんだが・・・」
私「どういう事でしょうか?」
父上「ジュンくんも大学院に行くそうだが、その後どうするのだろうか? プライベートなことを尋ねてすまんのだが・・・」
私「いえ、大丈夫ですよ、ジュンは大学院に進めるようになってからは、大学の先生になれたらいいなんて言ってますね。私の父がずっと大学で教えてたものですから、その影響でしょうか・・・」
父上「それはもう決まったことなんだろうか?」
私「いえいえ、大学院に行ったら大学の先生になれるんじゃないかと、ジュンが単純に考えているだけです。」
父上「そうしたら、普通の企業に就職する可能性もあるわけですな。」
私「私はジュンに、まだ先のことだからひとつに決めることはないと言っているのですが・・・」
父上「それで、聡一くんに相談というのは、ジュンくんに私の働いている会社に入ることを検討してもらえないだろうかということなんだ。」
私「ジュンの将来に関しては私はなにも干渉しないことにしてますから。」
父上「もちろん、ジュンくんなら就職するにしても一流の大会社から引く手あまただろうから、ウチの会社では不満かもしれんが、とりあえず検討だけでもしてもらえないだろうか・・・」
私「それは私からジュンに言うのではなくて、そちらから直接ジュンに話してもらえませんか・・・」
父上「私から直接ジュンくんに打診しても、聡一くんはかまわんのだね。」
私「最終的にはそういう事はジュンが自分で決めることですから・・・」
父上「実はジュンくんにウチに来てくれないかということは、俊顕の強い希望があったんだよ。私は最初は、会社に入ってしまったら、友達関係を続けていけなくなる可能性もあると、俊顕に言ったのだが・・・」
私「私もそれは心配ですね、違う道を歩んだほうが友達関係を続けられると思いますね。」
父上「ウチの会社に入ってもらったら、どうしても俊顕の下で働いてもらうことになるから、そこらへんをジュンくんがどう思うかなのだが・・・」
私「ああ・・・ そうですね、上下関係になると友達でいられるか・・・」
父上「もちろん、ウチに来てもらったら、最初からは無理だろうが、なるべく早く然るべきポジションにつけるように、俊顕も考えるだろうが、確約するわけにはいかんからなあ・・・」
私「そちらに行ったら、ジュンにも多少のメリットがあることはわかりました。」
父上「それから、もし来てくれたら、俊顕といっしょに、アメリカに2年ほど最新の経営学の勉強に会社からの派遣で行ってもらうことも可能ではあるが、これもすまんが確約はできんのだよ、ただジュンくんが優先的に派遣されるように後押しすることならできるんだがね・・・」
私「それが可能なら、ジュンにとってはものすごく魅力的な話ではあるんですが・・・」
父上「私からジュンくんにこの事を直接打診してもかまわんかね。」
私「もちろんそれについては私は反対しませんから・・・」
父上「聡一くんは私の話をちゃんと理解してくれるから助かるよ。俊顕はジュンくんをヘッドハンティングしたいようだが、私は聡一くんをヘッドハンティングしたいくらいだ・・・」
私「その気持はうれしいですが、それは無理です。」
父上「聡一くんはそう言うだろうとは思ってたよ。まあそれは諦めるが、ジュンくんの方は進めさせてもらうよ。」
私「わかりました。」
父上「話はとりあえずついたようだから、遅くなったが乾杯をしよう。」
すぐにビールが運ばれてきて、私たちはとりあえず乾杯をした。
父上「聡一くん、腹が減っているなら、最初にメシとおかずを持ってこさせるが、どうする?」
私「まずはもう少し飲みたいですね、メシはその後で・・・」
父上「それでは、酒にあいそうなものを見つくろって持ってこさせよう。」
そして刺身が何種類かきれいに盛りつけられて、日本酒といっしょに運ばれてきた。私たちは日本酒で再度乾杯をした。
酒を飲みながら、俊顕くんの父上から私のことをいろいろと上手にきかれたので、私も自然に話していた。やはりジュンを会社に入れるかもしれないと思うと、親である私のこともいろいろ情報として調べる必要があるのだろう。それだけ、俊顕くんは本気でジュンを引っ張りたくて、父上に頼んでいるのだろう。
そんな事を話しているうちにけっこう時間がたってしまっていた。最後にご飯と椀物と漬物が出てきた。
父上「そう言えば、27日にはまたウチのコンサートに出てくれるそうで、いつもすまないね。」
私「どちらかというと私の方が演奏できるチャンスをもらって、喜んでます。」
父上「家内が聡一くんの演奏が好きでね、よろしく頼むよ。」
私「そう言っていただけると、ホントにうれしいですね。」
父上「私はクラシックのことはそれほどわからんのだが、それでも聞いていて気持ちのいい演奏だ。」
私「それから、こんどの週末から練習のために別荘をお借りします。」
父上「私と家内はちょっと用があって、どうせ別荘には行けないんだよ。俊顕は行くので、別荘の方は好きなように使ってくれたまえ。」
私「ありがとうございます。集中して練習できるので助かります。」
父上「今夜はいろいろと聡一くんと腹をわって話ができて良かったよ。」
私「私こそ、お誘いいただいてありがとうございました。」
父上「また近いうちにメシでも食べよう。」
私「はい、喜んで・・・」
店を出て、車で最寄り駅まで送ってもらって、私は電車に乗って帰った。それにしても、ジュンが俊顕くんの会社に就職するとしたら、いい話なのかそうでもないのか、私はまだ結論をだすことができなかった。それにしても俊顕くんは確実に目的に向かって動き始めたのは確かなようだった。

tag : ゲイの父親

俊顕君のご両親に・・・

今回の英国旅行は、もともと俊顕君の父上に、留学中の俊顕君の様子を見てきてほしいと頼まれて行ったわけだったので、旅行の報告をしなければならなかった。帰国をしてすぐにとりあえず電話で父上に詳しく報告はしておいたのだが、母上のほうが直接英国で見たことを聞きたいという希望だったので、プリントアウトした写真をアルバムにしたものを持って、先週の土曜に俊顕君の家に出かけた。
夕方、お宅におじゃますると、すぐにリビングに通されて、お茶を飲んでいると、まもなく俊顕君のご両親が入ってきた。
父上「わざわざいらしていただいて、すまんことです。」
母上「ほんとうにめんどうなことをお願いしてしまいまして・・・」
私「いえいえ、私のほうこそ、思いがけず英国に行くことができてよかったです。」
父上「あちらはどうでしたかな・・・」
私「写真を持ってきましたので、それをお見せしながら説明します。」
父上「それなら、○○さんにもいっしょに見てもらおう。」
そう言って父上は俊顕君の世話をいつもしている○○さんを呼んだ。最初○○さんはいっしょにお話を聴くなんてとんでもないと遠慮していたが、ご両親が強く勧めたので、結局テーブルの脇でいっしょに話を聞くことになった。私は持ってきたアルバムをテーブルの上に載せて、一枚一枚めくりながら英国でのことを説明していった。ご両親は去年ロンドンまでは行ったが、オックスフォードまでは時間がなくて行けなかったそうで、学校や学生寮の写真を興味深そうに見てくれていた。
母上「利彰もちゃんとやっているみたいですね。」
私「英語も達者で友達もたくさんいて、みんなのリーダーみたいな存在になってます。」
父上「子供だと思っていたが、それなりに皆さんのお役に立ててるようですな・・・」
○○さん「ほんとうに坊ちゃまは立派におなりになって・・・」
父上「それでも利彰はまだまだ未熟なところもあるから、お恥ずかしいようなこともしているのではないですか?」
私「確かにたまに不安そうな表情をすることはありましたが、それを除けば堂々としたものでした。」
母上「利彰からの電話では、聡一さんが来てくださって、ほんとうに心強かったと申しておりましたのよ。」
私「俊顕君にほんとうにそう思ってもらったとしたら、行った甲斐があったというものです。」
父上「ジュン君もだいぶ英語が上達しているそうですな。」
私「俊顕君に比べたらまだまだですが、おかげさまでそれなりに上達しているようです。」
父上「利彰もジュン君もお互い刺激しあって、いい友達ですな。」
私「ほんとうに利彰君にはいろいろと良くしてもらって、ジュンも少しは成長しているようです。」
アルバムを見終わると、今度は食堂に移って、和食の夕食をご馳走になった。夕食の席でも、ご両親からいろんなことを聞かれて、私は向こうで見聞きしてきたことのほとんどをしゃべったのではないだろうか。
食事の後、再びリビングに戻ってお茶をいただきながら、母上が何かをキッチンに取りにいった間に父上と二人だけで話をした。
父上「ほんとうに俊顕の様子を見てきていただいてありがとう。妻の前では言うわけにはいかないかなかったが、私は私なりに俊顕のことが心配だったのだよ・・・ けれど聡一君の話をきいて安心できた。」
私「わたしもジュンのことを確かめることができたので、行かせていただいて感謝してます。」
父上「またジュン君と俊顕が帰ってきたら、訪ねてもらえるだろうか。」
私「よろこんで伺いますよ。」
そんなことを父上と話していると、母上がデザートを持ってリビングに戻ってきた。
母上「また俊顕が戻ってきましたら、ぜひ来て下さいませ・・・」
父上「私からも頼んだよ。」
母上「まあそれは楽しみですわ・・・」
その後、夜も遅くなって来たので、私は帰ることにした。父上が車で送らせると何度も言うので断わりきれずに私はご好意に甘えることにした。玄関前でご両親にさよならを言って、私は顔馴染みになった運転手さんに送られて家まで帰った。
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード