卒業旅行-2

そしてホテルの部屋でちょっとだけフォーマルな服に着替えて、ホテルの車で披露パーティーのあるレストランに向かった。車はパリの街を抜け、30分ほどで会場の前に着いた。
定休日のレストランを借り切ってパーティーは行われるようだった。入り口に行くと、満面の笑みをたたえたルイスが結婚相手と腕を組んで来客を出迎えていた。二人とも礼服を着ているので、新郎が二人いる披露パーティーだった。

俊顕くん「ルイス、結婚おめでとう。」
ルイス「俊顕、ありがとう。それから、聡一、来てくれて本当にうれしいよ。ジュンもありがとうね、マリアももうすぐ来ると思う。」
俊顕くん「相手を紹介してよ。」
ルイス「そうだね、こっちが俺のパートナーのポール。」
ポール「日本からわざわざ参加してくださってありがとうございます。ゆっくりと楽しんでいってください。」

ルイスが南欧的なちょっとエキゾチックなイケメンであるのに対して、ポールはいかにもフランスのイケメンと言う感じだった。タイプの違う二人の超イケメンが礼服を着て並んでいると、映画の中の一シーンを見ているようだった。

ルイス「今日はみんな楽しんでいってね。カーニヴァルの出し物もあるからね、聡一も積極的に参加してよね。」
ポール「ジュンと聡一って本当に本物の親子なんですか?」
ルイス「そうだよ、どうして?」
ポール「だって、聡一って20歳代でしょ。ジュンは十代みたいだけど、それにしても聡一は親としては若すぎる。」
ルイス「ジュンはオレと同い年だからね。」
ポール「東洋人の年齢はわからない・・・」
ルイス「ポール、まさかジュンが大人とわかって、後で口説こうと思ったりしなかったよね?」
ポール「そんなことしないよ、ぼくの目に入るのはルイスしかいないからね。」
ルイス「ったく、口先男が・・・」

パーティーにはドラッグクィーンのような人も少しはいたけれど、それ以外はごく普通の人たちが参加していた。ただ異様に男の比率が多いのがちょっと他のパーティーと違ったところなのだろう。それから参加者のほとんどが上手いヘタはあるにしろ、英語がよくしゃべれることだった。

俊顕くんは水を得た魚のように、いろんな人と話しをして活躍していた。ジュンは遅れてやってきたマリアと仲良くしゃべっていた。
私も新郎の片割れの知り合いということで、いろんな人が話しかけてきてくれた。いろんな人と話しているうちに、今回のパーティーは異様にイケメン率が高いことに遅まきながら気がついた。俊顕くんが舞い上がってしまったのはこのせいなのだと、いまさらながら気がついたのだった。

パーティーが進んだ頃、ルイスがひとりで私のところにやってきた。

ルイス「聡一、退屈してない?」
私「だいじょうぶだよ、ルイス。でもルイスが幸せそうで良かった・・・」
ルイス「ありがとう、聡一・・・」
私「私はルイスを幸せにすることができなかったからね、それが気になってたんだ。」
ルイス「俺は聡一と少しでもいっしょにいられただけで、幸せだったよ。」
私「それならいいけど・・・」
ルイス「聡一、俺は幸せを手に入れたから、聡一も幸せになってね。」
私「ああ、がんばるよ。」
ルイス「今年中にまたポールと日本に行く予定だけど、また会ってくれる?」
私「もちろんだよ。」
ルイス「今日は聡一をお持ち帰りしたいけど、相方の監視が厳しいからなあ。」
私「こらこら、ルイスの結婚披露だろうが、そんなところで何を言うんだよ。」
ルイス「そうだね、聡一はいつも大人だ・・・」

そこにポールがやってきた。

ポール「やあ、聡一、俺の大切な相方と名にしゃべってた?」
私「ルイスとポールが正式に結婚できてうらやましいなって・・・」
ルイス「日本ではまだ同性結婚が認められてないんだよ。」
ポール「そうなんだ、でも聡一にも決まった相手はいるんだろう?」
私「いるよ。」
ルイス「聡一の相手ってどんなひと?」
私「写真見る?」

私は持っていた携帯の画面にヒロの写真を表示した。
私「これだよ。」
ルイス「キュートだね。」
ポール「十代じゃないよな・・・」
私「もうすぐ30歳だよ。」
ポール「ひゅう~、、日本人の年齢はわからない・・・」
ルイス「何してる人?」
私「いちおうピアニスト・・・」
ルイス「そういえば、ジュンもピアノうまかったよね。そうだ、聡一、ジュンといっしょになんかオレたちのために弾いて。」
私「ヴァイオリンがないよ。」
ルイス「たぶんどっかのオーケストラのヴァイオリン弾きが来てるはずだから、ヴァイオリンは見つかると思うよ。」
ポール「ぼくたちのために弾いてくれるとすごいうれしいなあ。」
私「じゃあ結婚のお祝いということで、フランクのヴァイオリンソナタの第四楽章を弾こうかな。これならすでにジュンと他で弾いたことあるから、ぶっつけでもまあだいじょうぶ。」
俊顕くん「ジュンと聡一さん、ずるいなあ、俺も弾きたいのに。」
ルイス「じゃあ、俊顕はソロでなんか弾いてよ。」

そういうわけで、ミニコンサートが始まった。まずは俊顕くんがルイスと同郷の作曲家グラナドスのオリエンタルを弾いた。これがいっきに聞いている人たちのハートを鷲づかみにするようないい演奏だった。その後、ジュンと私は、ルイスの結婚祝いとして、ヴァイオリンソナタを第四楽章だけだったけれど、心を込めて弾いた。

ルイス「俊顕、ジュン、それから聡一、ホントありがとう。」
ポール「みんなプロじゃないのに、すごい演奏だった。本当にありがとうございました。」

そしてパーティーは果てしなく続いていくようだったが、あまり長居をするのもいけないので、ジュンと私は適当なところで失礼することにした。

私「じゃあ、私たちは先に失礼するよ。」
ルイス「聡一、ジュン、ホントにホントに来てくれてありがとう、すげえうれしかった。」
俊顕くん「俺は、もう少しここにいるから。」
ルイス「はいはい、俊顕にはいい男を紹介してあげるよ。」
私「やれやれ、マジで男漁りなのか。」
俊顕くん「少し発散しないと、ジュンを襲っちゃいますよ、聡一さんでもいいから、襲っちゃうかもしれない。」
私「ばあか、しょうがないヤツだ。」
ジュン「じゃあ、俊顕、オレととうさんはホテルに戻るからね。」
私「じゃあ、今夜俊顕がホテルに戻ってこない時は、いい男にめぐり合えたってことだな。」
俊顕「ジュン、ゴメンね、今夜は俺、帰らないかもしれないけど・・・」
ジュン「じゃあ、俊顕、がんばって・・・」

私たちは呼んでもらったタクシーに乗って、レストランの近くの駅まで行き、そこからは地下鉄に乗ってホテルまで帰った。夕食時間だったが、パーティーで食べ過ぎたので、夕食はとても食べられそうにはなかった。

部屋で少し休んでから、私たちは腹ごなしに散歩に出かけた。ぶらぶらと20分ほど歩いていると、古いほうのオペラ座に着いた。立派な建物を一周してから、私たちは有名なカフェに入った。私たちは通りの良く見える席に座って、赤のグラスワインを一杯ずつゆっくりと飲んだ。

私「こうやってパリのカフェでジュンと二人でワインを飲める日が来るとはなあ・・・」
ジュン「なんかこのワインもおいしく感じられるね。」
私「ジュンとこうやって旅行できるのも、これが最後だからなあ・・・」
ジュン「まあ学生最後だけど、オレが社会人になってもまたなにかの機会にとうさんと旅行できるんじゃないかな。」
私「でも、将来結婚したら、ジュンはお嫁さんのほうを優先しなきゃなんないんだからな。」
ジュン「まあそうだけど、オレと○○さんとはあんまりべたべたした関係にはならないと思うんだけど・・・」
私「とにかくとうさんみたいに、結婚生活破綻させないでほしい。 ジュンには母親をあたえられなかったわけだから・・・」
ジュン「別にオレはとうさんがいてくれたから、それでじゅうぶん・・・」
私「ジュン・・・」
ジュン「もう、この話はやめよう。」
私「そうだね。」
ジュン「明日は、午前中は観光できるんだよね?」
私「ユーロスターに乗るのは午後だから、午前は全部観光できるよ。」
ジュン「じゃあ、とりあえず凱旋門に登りたい。」
私「いいよ、まあ明日の天気しだいだけどね。」

私たちは二杯ずつ赤ワインを飲んでから、カフェを後にして、ホテルに戻った。
夜遅くなっても俊顕くんはホテルに戻ってこなかった。いい相手が見つかったのだろう。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親 ゲイ

卒業旅行-1

ジュンの卒業旅行に一部分だけいっしょに行くことになり、私は久しぶりに一週間まとめて休みを取った。
そしてある土曜日の早朝、私とジュンはスーツケースを引っ張ってマンションを出て駅に向かっていた。

私「でも最後にジュンといっしょに旅行できてよかった。」
ジュン「別に最後ってわけじゃないよ。オレが社会人になってもとうさんとたまに旅行くらいできると思うよ。」
私「そうだけど、そのうちジュンも結婚するだろう、そうなるとジュンと二人だけで旅行なんてあんまできないよ。」
ジュン「オレが結婚したって、とうさんと旅行くらいできるよ。」
私「そう言ってくれるとうれしいけどね。」

私たちは新宿まで行ってからNEXに乗った。時間はかかるが、荷物があるときは乗り換えなしで成田まで行けるのはありがたい。時間通りに成田空港に着き、私たちはチェックインを済ませてから、カフェに行って朝食を食べた。
早めに出国手続きを済ませて、免税店を見て時間をつぶした。

搭乗した飛行機はちょっと遅れて離陸した。私たちは窓側の三人掛けの席の窓側から2席だったが、その日は満席でなかったみたいで、通路側の席は空いていた。ジュンを窓側の席に座らせて、私は真ん中の席に座った。

私「通路側の席、空いてるみたいだね。」
ジュン「そこに知らない人がいると、なんとなくトイレに行きにくいんだよね。」
私「トイレに行きたくなったらとうさんにはすぐに言うんだぞ。」
ジュン「うん、でもそんなしょっちゅう行くわけじゃないし。」

飲み物を飲み、食事をしてしまうと、前夜遅くまでいろいろと準備をしていて寝不足だった私は、そのまま眠っていた。
しばらくして目を覚ますと、ジュンは起きていて、地球の歩き方を読んでいた。

私「眠れなかったのか?」
ジュン「なんか映画見てたら、あんまり眠れなくって・・・」
私「まあ飛行機で眠れなかったら、ホテルに着いてからすぐに寝ればいい。」
ジュン「そうだね、ホテルに着くのは、けっこう遅くなるもんね。」
私「それにしても、ルイスが結婚するんだもんなあ。」
ジュン「オレも知ったときは驚いたもんね。」
私「結婚式はどんなんだろうね?」
ジュン「俊顕の言うには、結婚式はあらかじめメリーっていう役所でして、その後レストランでパーティーをやるんだって。オレたちが出るのは、結婚式の後のパーティーのほうだよ。」
私「それにしても、男同士の結婚披露パーティーってどんなひとたちが参加するんだろうね。」
ジュン「ゲイの人たちが多いんだろうと思うよ。でもマリアとその今彼とかも出るそうだから、ゲイばっかりではないんじゃないかな。」
私「ジュン、マリアと会っても平気なのか?]
ジュン「ああ、オレがマリアの元彼だったっていうことか。それならとうさんだってルイスの元彼だから、同じ状況じゃんか。」
私「とうさんとルイスは別にカップルだったわけじゃないからな。」
ジュン「ルイスのほうはけっこうマジだったみたいだよ、前にマリアからのメールにそう書いてあったもん。」
私「ジュンはマリアとその今の彼氏と会って平気なのか?」
ジュン「だって、マリアとはどっちかというとセフレだもん。ぶっちゃけあっちの相性はすごく良かったから・・・ あっ、ゴメン、ヘンなこと言っちゃったかな。」

途中で一か所乗り継ぎをして、私たちはその日の夜に最初の目的地に着いた。荷物もあったので私たちはタクシーに乗ってホテルに向かった。未来的な建物の空港を出て、タクシーは夜の高速道路をものすごい速度で進んでいった。
30分ほどでホテルに着いた。フロントで名前を告げて待っていると、すぐに俊顕くんが下りてきてくれた。

俊顕くん「飛行機、遅れなかったみたいですね。」
私「乗り継ぎもうまくいって、ほぼ時間通りに着いた。」
俊顕くん「ジュン、なんか眠そうだね。飛行機で眠れなかった?」
ジュン「なんか、映画見てたら面白くて、あんまり眠れなかったんだよね。」
俊顕くん「今、日本時間だともう朝になってるからね。」

私たちはホテルの部屋に入った。部屋は広くて、大きなベッドがふたつくっついて置かれていて、その隣には何人も座れそうなソファのあるコーナーがあった。

私「ベッドがふたつしかないが・・・」
俊顕くん「ベッドはキングサイズのベッドがふたつをぴったりくっつけて置いてもらってるから、3人並んでもゆったり眠れますよ。」
ジュン「なんかとうさんと俊顕といっしょに寝るのって久しぶり。オレが真ん中で寝ていい?」
私「真ん中はちょっと寝にくいんじゃないのか、だからとうさんが寝るよ。」
俊顕くん「なんか聡一さん、俺にいじわるしてません?」
私「俊顕、私の隣は不満なのか?」
俊顕くん「不満じゃないけど、どっちかというとジュンの隣がいいなあ・・・」
ジュン「だから、オレが真ん中で寝れば問題ないじゃん。」
私「ジュンがそういうなら、それでいいけど、俊顕、ジュンにいたずらするなよ。」
俊顕くん「なに言ってるんですか、するわけないでしょ。」
私「ジュン、眠そうだね。とうさんといっしょにお風呂に入って温まってから寝なさい。」
ジュン「うん、お風呂に入りたい。」
俊顕くん「聡一さん、俺もいっしょにお風呂入っていい?」
私「こら俊顕、気持ち悪い声を出すんじゃない。」
俊顕くん「ジュンみたいに可愛く言ったのに・・・」
私「俊顕、おまえはそんなキャラじゃねえだろうが・・・」
ジュン「お風呂、広いんだったら、3人で入ればいいじゃん、そのほうが楽しいし。」

部屋も広かったが、風呂も無駄に広かった。3人くらいならゆったりと入れそうだった。

私「お湯に入るとなんか疲れが少し消えていくな。ジュン、ゆっくりと暖まるんだぞ。」
ジュン「うん、お風呂気持ちいいね。三人入っても窮屈じゃないし。」
俊顕くん「ジュンったら、安心しきった顔しちゃって。」
私「俊顕だっていつもより穏やかな顔になってるぞ。」
俊顕くん「俺も聡一さんの息子になったみたいだね。」
ジュン「じゃあオレたち、兄弟だね。」
俊顕くん「ジュン、俺たちマジで兄弟になろうよ。」
ジュン「俊顕とだったらいいけど、どうするの?」
俊顕くん「なんか、地方には同年代の仲のいい男二人が、義兄弟の約束をして、その後はずっと両方の家同士で親戚付き合いするんだって。」
私「それってなんか、本で読んだことがあるぞ。」
俊顕くん「それぞれの地域で形はいろいろだけど、けっこうあちこちでその習慣はあるみたい。」
ジュン「それなら、オレたち、兄弟みたいなもんじゃん。」
俊顕くん「ジュンと兄弟か、俺のほうがお兄さんだね。」
ジュン「まあ、俊顕のほうが何ヶ月か早く生まれてるけど・・・」
俊顕くん「ジュン、俺が兄貴だと嫌?」
ジュン「まあ俊顕だったら、嫌と言うわけじゃないけど・・・」
私「こういうのは、なにかと弟のほうが有利だと思うぞ。」
俊顕くん「俺が兄貴になったら、ジュンのこと大切にするからさ。」
ジュン「俊顕ったらムリして兄貴ぶっちゃって・・・」
俊顕くん「ちょっと拗ねたジュンってマジ可愛い。」
ジュン「オレは拗ねてなんかないからな。」
私「どっちが兄貴かって言うのはそれほど重要なことじゃないぞ、大切なのは兄弟で助けあったり、足りないところを補い合ったりすることだからね。」
俊顕くん「聡一さん、さすが父親。」
私「俊顕、茶化すんじゃない。」
俊顕くん「まじめに言ったのに・・・」

私たちはしばらくお湯に浸かってからだを暖めた。

私「ほら、ジュン、からだ洗ってやるから、立って。」
ジュン「あんま汚れてないから軽く洗うだけでいいよ。」

私とジュンはバスタブの中、俊顕くんの横の立ち上がった。私は手にボディソープをとって、ジュンのからだを上から順番に手でこするように洗っていった。いつものようにジュンは気持ちよさそうな、そしてちょっとくすぐったそうな表情をしていた。からだ全体を洗い終わると、私はジュンのからだにシャワーのお湯をかけてやり、泡を落とした。

私「ほら、ジュン、終わりだ、もう少しお湯に入って暖まってから出なさい。」
俊顕くん「聡一さん、次は俺俺。」
私「なんで、俊顕まで洗わなきゃならないんだよ。」
俊顕くん「だって、俺、ジュンの兄弟だもん。」
私「ったく、甘えた声を出すなって。」
ジュン「とうさん、今日は特別に俊顕も洗ってあげてよ。」
私「しょうがねえなあ・・・ ほら、俊顕、洗ってやるから、立ちなさい。」

私がそう言うと俊顕くんはうれしそうに立ち上がった。

私「俊顕、ったく、これはなんだ、これは?」
俊顕くん「なんだって、これは俺のチ○コじゃないですか。」
私「そんなことはわかっている。なんで、こんなに勃起してるんだって聞いてるんだ。」
俊顕くん「だって惣一さんが勃ちなさいって言ったから。」
私「ばあか、ったくしょうがねえヤツだ。」
俊顕くん「だってジュンが聡一さんの手で全身愛撫されてるのを見たから、当然勃っちゃうじゃないですか。」
私「わかったわかった、洗ってやるから、まずはそのいきり立ったものをなんとかしろ。」
俊顕くん「えっ、ジュンと聡一さんの前でシコっていいんですか?」
私「ばあか。」
俊顕くん「聡一さんが手でしてくれるとか。」
私「するか!」
俊顕くん「俺としてはジュンがしてくれるほうがもっとうれしいけど・・・」
ジュン「とうさんと俊顕、最近仲良過ぎる。」
私「ジュン、心配するな、とうさんはこんなやつ、好きでもなんでもないから。」
俊顕くん「ジュン、聡一さんなんかよりジュンのほうがずっとずっと好きだからね。」
私「こらこら、どさくさにまぎれてジュンに告白するんじゃない。」
俊顕くん「そんなことしてませんよ。」
私「なんだよ、俊顕、このカチンカチンになったものの先から、タラーっと垂れ下がってる透明な液体は?」
俊顕くん「だって、ジュンと聡一さんのフルヌードをたっぷり見せつけられたら、自然に垂れちゃったみたい。」
私「ったく、こんなところで発情するなよな・・・」
俊顕くん「ジュン、ゴメンね、ヘンなとこ見せちゃって・・・」
ジュン「別に、俊顕はオレと風呂に入るといつもガマン汁垂らしてるじゃん。」
俊顕くん「なんだ、ジュンにはバレてたんだ・・・」
ジュン「でも、いつもは今みたいに勃起はしてないじゃん。」
俊顕くん「だってジュンと二人だけで風呂に入ってるときに勃起させちゃったら、ジュンに嫌われそうだから、大きくならないように必死でガマンしてた。」
私「やれやれ、俊顕もけっこう大変だね。」
ジュン「別に勃起したくらいじゃ、嫌いになんかなんないから・・・」
俊顕くん「じゃあ、次回からはムリにガマンしないから・・・」
私「俊顕、うれしそうに言うんじゃない。」
ジュン「オレととうさんはもう風呂から出るからね。」
私「後は俊顕、あとひとりで好きにしなさい。」
俊顕くん「俺もいっしょに出る。」
私「ひとりでそれを小さくするんじゃないのか?」
俊顕くん「ひとりでするなんて、さみしすぎる・・・」

私たちは風呂から上がり、ビールを一杯ずつ飲んでから、べっどに横になった。ジュンはちょうどふたつのマットレスの境目だったが、それほど寝苦しくはないらしく、すぐに寝息を立て始めた。

俊顕くん「ジュン、疲れてたのかな、もう寝ちゃいましたね。」
私「飛行機でほとんど眠らなかったみたいだからね。」
俊顕くん「ジュン、いい匂いしますね。」
私「俊顕もジュンの匂い、わかるのか?」
俊顕くん「なんか、媚薬みたい、またガマン汁が出てきた。」
私「ったく、見境のないやつだな。」
俊顕くん「聡一だって、ジュンに多少は発情してるくせに・・・」
私「まあ多少はな・・・」
俊顕くん「これ以上起きてたら悶々とするだけけだから、寝ます。」
私「悶々として寝れるのか?」
俊顕くん「ムリにでも寝ます。明日はルイスのパーティーにゲイのいい男がいっぱいくるはずだから、ナンパして、悶々を解消します。だからジュンのことをおそったりしないから、聡一は安心してね。」
私「いい男が見つかるといいね。じゃあ私も寝るよ、なんかからだの芯が疲れてる感じだから。」
俊顕くん「おやすみなさい、聡一・・・」
私「おやすみ、俊顕・・・」

私は目をつぶって寝ようとしたが、疲れているにもかかわらずすぐには眠れなかった。かなり時間が経ってから、とりあえずは眠ってしまったようだった。ただ寝ているあいだずっと夢を見続けていたような気がする。

翌朝目を覚ますと、ベッドにジュンはいなかった。俊顕くんがこっちを向いて眠っていた。私は、とりあえず起き上がった。その気配で俊顕くんも目を覚ましたようだった。

俊顕くん「ふわああぁぁ、ああ、おはよう、聡一。あれっ、ジュンは?」
私「私も今起きたばっかりなんだけど、起きたときにはジュンはいなかった。」
俊顕くん「トイレかな。」
私「まあそんなところだろうな。」
俊顕くん「俺、トイレ行ってきます。」
私「子供みたいななにあわてて起き上がってるんだよ。」
俊顕くん「オシッコ漏れそうなくらい溜まってるんです。」
私「トイレは順が入ってるかもしれないぞ。」
俊顕くん「じゃあ、いっしょにします。」
私「ったく、いいから、トイレ行っておいで。」

俊顕くんは起き上がって、小走りにトイレのほうに向かっていた。

俊顕くん「ふう、やっと落ちついた。ああ、ジュン、トイレにはいませんでしたよ。」
私「じゃあ、どこに行ったんだろう。」
俊顕くん「俺、とりあえず、シャワー浴びてきますね。」
私「ああ、きれいにしておいで。」

そこにジュンが戻ってきた。

ジュン「あっ、とうさん、おきてたんだ。」
私「ジュン、どっか行ってたのか?」
ジュン「うん、朝目を覚ましたら、、まだ早すぎてとうさんも俊顕もぐっすり寝てるから、オレ、ちょっとホテルの周りを散歩してきたんだ。なんか映画みたいな町並みで、すげえ気持ちよかった。」
私「そうなのか、明日はとうさんも朝の散歩したいな。」
ジュン「じゃあ明日はとうさん早く起きなよ、いっしょに散歩しよ。」

俊顕くんがシャワーを浴びてバスルームから出てきたので、その後私も軽くシャワーを浴びた。そしてレストランに下りていって、ビュッフェの朝食を3人でゆっくりと食べた。

私「今日はルイスの披露パーティー、何時からだよ。」
俊顕くん「昼から始まるらしいよ。今年はちょうど今がカーニヴァルの時期だから、面白いことがあるかもしれないよ。」
ジュン「どんな人たちが集まるのかな楽しみ。」
俊顕くん「でもまあ、だいたいはゲイの人たちが多いんじゃないかな。」
私「そうだろうな、でもジュンとかマリアとかも出るんだし、全部がそうってわけじゃないよな。」
ジュン「でも、ルイスの家の人、マリアの以外に来るのかなあ・・・」
俊顕くん「どうだろうね、まあ、親とかは来ないかもね。まあ、行ってみないとわからないんだけど・・・」

朝食を食べ、いったん部屋に戻ってから、私たちはちょっとだけ観光に出かけた。とりあえずぶらぶらと歩いてセーヌ川に行って、芸術家橋という橋を渡った。橋は歩行者専用で、そのわりにはけっこう幅も広くて、橋の上には大道芸人が何人か出ていた。橋を渡って、ポンヌフに行って、元の右岸に戻って、少し地下鉄に乗ってホテルに戻った。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード