ジュンと買い物に行く

金曜の夜、ジュンは8時くらいには帰宅できるということだったので、私は夕食の準備をして待っていた。
8時過ぎにジュンが帰ってきて、とりあえず風呂に入ったので、私はその間に洗濯機を回そうと思い、洗濯槽の中の洗濯物を一度取り出して、汚れ具合を見てから、洗剤を入れてスイッチを入れた。
ところが、いつもならすぐに動き出すのに、その時はスイッチを入れると、いきなり異音がして、動きが悪かった。しばらく様子を見ているとなんか変な臭いがしてきたので、私は電源コードをとりあえず抜いた。

そこにジュンが風呂から出てきた。

ジュン「どうしたの、とうさん。」
私「なんか洗濯機がおかしいんだよね。」
ジュン「なんかちょっと変な臭がするね。」
私「だから、とりあえず電源は抜いた。」
ジュン「この洗濯機、けっこう古いでしょう?」
私「そうだなあ、もう10年以上使ってるね。」
ジュン「それなら、修理するより買い替えたほうがいいんじゃない?」
私「そうだな、とにかくないとすぐに困るからね。」

とりあえずジュンがお腹が減っているということだったので、私は夕飯を準備した。

私「ほら、食べなさい。」
ジュン「いただきます。」
私「おかわりもあるから、いっぱい食べていいぞ。」
ジュン「うん、そうする。」

ジュンはお腹が空いていたのか、つぎつぎにお皿を空にしていった。
そして食後はソファに並んで座って、私たちはお茶を飲んだ。

ジュン「そうだ、洗濯機、使えないとすぐに困っちゃうじゃん。」
私「そうなんだよ、急いでなんとかしないと・・・」
ジュン「もう、買い換えちゃいなよ。」
私「そうだね、10年以上使ったからね。」
ジュン「それにこんどはもう少し容量の少ないやつでいいんじゃない。」
私「そうなんだよね、もう化繊の布団を丸洗いする必要もないからね。」
ジュン「あんなに大きな内容量の洗濯機を買ったのは、オレのオネショ布団を洗うためだったもんね。」
私「買ってしばらくしたら、ジュンのオネショも治っちゃったから、その後はあんまり容量の大きさは活躍しなかったけどね。」
ジュン「もう、布団を洗う必要もないし、こまめに洗濯できるように少し容量の少ないものにしようよ。」
私「とにかく明日土曜日だから買いに行ってくるよ。」
ジュン「オレもいっしょに行く。」
私「いいのか、せっかくの休日を洗濯機の買い出しなんかに使って・・・」
ジュン「そのかわり、お昼いっしょに食べたいな。」
私「そうだね、それならジュンの食べたいものでいいぞ。」
ジュン「じゃあ、○べログで調べとくね。」

夕食の後は、テレビを見たり、本を読んだりしてそれぞれ自由に過ごし、12時頃に私たちはベッドに入った。寒い時期なので自然にからだを寄せあって暖かく寝ることになる。私たちはお互いのぬくもりを感じながらぐっすりと眠った。

翌朝、私はジュンがもぞもぞと動いている気配で目を覚ました。さすがにジュンが寝返りをしたくらいでは、私も目を覚まさないのだが、ちょっと違う動きをジュンがすると、私は習慣でジュンの様子が気になって目が覚める。

私「ジュン、どうかした?」
ジュン「ああ、とうさん、起こしちゃったね。」
私「ジュン、何かあった?」
ジュン「ええとね、パンツが濡れた・・・」
私「そうなんだ、オネショ?」
ジュン「もう、とうさんったら、オレのこといくつだと思ってんだよ。」
私「なんかもぞもぞ動いてたから・・・」
ジュン「まあそれに近いけどね。だから夢精しちゃったみたい・・・」
私「パンツ、けっこう濡れてる?」
ジュン「うん、かなり出ちゃったみたい・・・」

私はジュンのパンツに手を伸ばして触れた。パンツの前のほうがかなり濡れて、冷たくなり始めていた。

私「けっこう出ちゃってるね。パンツ替えないと冷たいだろう。」
ジュン「うん、新しいパンツに替えてくるよ。」
私「いいから、ジュンは寝てなさい。とうさんが取ってきてあげるから。」

私はベッドから出て、クローゼットに行って、ジュンのパンツを取り出してベッドに戻った。

私「ほら、ジュン、濡れたパンツ、脱がせるから、腰をちょっと上げて・・・」
ジュン「パンツくらい自分で替えられるよ・・・」
私「いいから、こういうことはとうさんの仕事だ。」

私は慣れた手つきで、ジュンのパンツを脱がせてから、タオルでジュンの股間をきれいに拭いた。そして洗濯したパンツを穿かせた。夢精はオネショと違ってパンツしか濡れてないので楽なものである。

私「ほら、終わった。」
ジュン「とうさん、ありがとう・・・」
私「まだ、早いから、もう少し寝よう。ほら、とうさんにくっついておいで、暖かいから。」
ジュン「うん、もう少し寝る。」

私たちは気持ちのいい二度寝を楽しんだ。

そして土曜日午前、私たちは、10時ころにマンションを出た。繁華街まで電車で出て、駅からすぐのところにある量販店にまずは行った。13時までに買い物を済ませれば、その日のうちに買ったものを設置してくれて、さらに古いものを回収してくれるらしい。
洗濯機売り場は、たくさんの機種が並んでいて、どれを選べばいいのか迷ってしまう。
それでも、洗濯容量や、方式の違いで、欲しい物を少しずつ、私たちは絞り込んでいった。

ジュン「布団はもう洗わないから、だいぶ小さいのでいいのかな。」
私「でも、布団はいいとして、毛布くらいは洗えるものがいいな。」
ジュン「じゃあ、けっこう大きい物じゃないと、毛布は洗えないみたいだよ。」
私「それにしても、縦型とドラム式じゃ、けっこう値段に差があるね。」
ジュン「どっちがいいんだろう?」
私「前に買った時は、水量の多いたて型のほうが良かったけど、もうオネショのたっぷり染み込んだ布団を洗う必要はないから、節水できるドラム式が多少高くてもいいかもしれない。」
ジュン「ドラム式のほうが節電にもなるみたい。」
私「まあ、値段と維持費の兼ね合いだな。」
ジュン「じゃあ、ドラム式にしようよ、水道代だけじゃなくて、電気代も節約できるみたいじゃん。少し高くても、今回はオレも半分負担できるし。」
私「いいよ、こういう生活に必要な物は、とうさんが買うから。」
ジュン「じゃあ、今日のお昼は、オレが出すね。」
私「いいのか、フランス料理に行くんだろう、高いんじゃないのか?」
ジュン「だいじょうぶ、なんか家庭料理らしいから、けっこう安めだと思う。」

けっきょく、私たちは、今まで使っていたものと同じメーカーのドラム式で、少しだけ容量の小さなものを選んだ。

買い物が終わると、ジュンの見つけてくれフレンチに行った。フレンチと言っても定食屋のような気取らない雰囲気で、開店してすぐに行ったので、待たずに席に着くことができた。

それほど広くない店内で、小さなテーブルにジュンとふたりで座って、フランス家庭料理というものを私たちはゆっくりと食べた。

ジュン「おいしいね、こういう煮込み料理はウチでもやってみたいね。」
私「同じにはならないかもしれないけど、作れそうだね。」
ジュン「フランス料理でも、こんなふうに気取らない店ならいいよね。」
私「最近は、けっこういいフレンチに行くこともあるんだろう?」
ジュン「まあね、でもこういった肩のこらないところのほうが、おいしく感じる。」

私たちは、ジュンの仕事の話などを久しぶりにゆっくりしながら、食事をした。

ジュン「この後、どうする?」
私「ジュン、なんか欲しいものない? 高くなきゃ買ってあげるよ。」
ジュン「うーん、急に言われても、すぐには思い浮かばない。」
私「今日は洗濯機買うのにつきあわせたから、ふだん買えないようなものを買ってあげるけど・・・」
ジュン「だって、すぐには思い浮かばないって。そのうち何か思いついた時に買ってね。」
私「いつでもいいよ。」
ジュン「じゃあ、またとうさんと買い物行けるね。」
私「お腹いっぱいになったし、とりあえずここは出ようか。」

席で会計をして、私たちは店を出た。

ジュン「今日は、このまま帰って、ウチでまったりしようよ。」
私「いいよ、どうせ夕方には洗濯機が届くから、ウチにいなきゃいけないんだし・・・」
ジュン「とうさん、なんかいっしょに弾こうよ。」
私「そうだね、軽く合わせるか。」

わたしたちはマンションに戻って、軽い曲を楽しんで演奏した。なんか仕事をし始めてからのほうが、ジュンのピアノに奥行きとしなやかさが出てきたような気がした。

私「ジュン、なんかピアノ、また良くなったな。なんかとうさんの中に、いつの間にかぐっと入り込んできた感じ。」
ジュン「そうかな、就職してから、以前みたいに弾けなくなってたけど、このところ、少し余裕ができて、ピアノが楽しい。」
私「そうだな、少し仕事も余裕がでてきたみたいだもんな。」
ジュン「そんで、今日は、ヒロちゃん、何時頃来るの?」
私「8時半くらいだって言ってたよ。」
ジュン「オレ、夕方まで、昼寝したい。」
私「そうだな、洗濯機が来るまでまだちょっと時間あるから、とうさんも1時間くらい、いっしょに寝ようかな。」

ふたりで演奏した時の一体感がまだ持続していて、私たちはなんとなく離れがたくて、私がジュンの肩を抱きかかえるようにして、ベッドまで行き、そのまま並んで横になった。

私「ほら、抱いて温めててあげるから、ゆっくり寝なさい。」
ジュン「温かくて気持ちいい。」
私「もう、いつまでも甘えて。」
ジュン「いいじゃん、これから先も、ずっとオレはとうさんの子供なんだから。」
私「なんか、とうさんも眠くなってきた。」
ジュン「オレもすげえ眠い。」

私たちはお互いの体温を気持ちよく感じながら、自然に眠ってしまった。

一時間ほどして、わたしは目を覚まして起き上がった。ジュンはまだ眠っていた。
そして少し身支度を整えて、量販店の配達の人が洗濯機を持ってくるのを待ちかまえていた。
夕飯の準備をしていると、チャイムが鳴って洗濯機が届いた。
係の人が二人、古い洗濯機を外して、新しいものを取り付けてくれた。

配達の人が帰ると同時に、ジュンがベッドルームから出てきた。

ジュン「洗濯機、届いたみたいだね。」
私「起こしちゃったかな?」
ジュン「ちょうどよかった、オレもそんなに寝てると、夜眠れなくなるから。」
私「さあ、溜まってた洗濯物を洗ってみるか。ジュン、洗うものは全部出しなさい。」
ジュン「たぶん、洗濯物を全部出してあると思う。」
私「じゃあ、とりあえず洗い始めるぞ、まあまだあったら、もう一回洗えばいい。」

新しい洗濯機に洗濯物を入れて、とりあえずスイッチを入れてみた。

ジュン「おおっ、けっこう静かじゃん。」
私「そうだね、これなら夜遅くても、気にせず使えそうだ。」
ジュン「なんか、ドラム式は回ってる洗濯物が見えるから、面白いね。」
私「きれいに汚れが落ちてくれれば、問題ないけど、どうかな・・・」

私たちは肩を並べて、洗濯機の前に立って、洗濯物が回るのをしばらく眺めていた。
ふと私が顔をジュンの方に向けると、ジュンもたまたま私の方を向いた。

ジュン「とうさん、キスしてくれないの?」
私「何のキスだ?」
ジュン「ええと、そうだね、やさしい父親が大事な息子にするキス。」
私「いつも寝るときとかにしてるだろう?」
ジュン「今がいいの。」
私「しょうがないなあ。」

私は軽く唇に触れるだけのキスをした。それでもジュンは満足したみたいで、嬉しそうな表情を顔いっぱいに浮かべた。その顔を見ると、私も自然に幸せな気分に満たされていた。




theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

ヒロと寝ていると

先週の金曜日、ジュンは飲み会があって帰りがかなり遅くなるということだったので、私は夕方仕事を終えるとヒロのマンションに行った。
途中のスーパーで出来あいのおかずを中心に買い物をして、サラダと味噌汁は自分で作り、そしてご飯を炊いた。
8時過ぎにヒロが仕事から帰ってきた。

ヒロ「ただいま。」
私「お帰り。」
ヒロ「なんかウチに入るとご飯のいい匂いがしてくるって、なんかすげえうれしい。」
私「主なおかずは出来あいだぞ。」
ヒロ「それでも匂いだけですげえお腹が空いちゃうね。」
私「シャワーでも浴びておいで。着替えはすぐにもっていってあげるから。」

ヒロがバスルームに入っていったので、私はクロゼットから替えの下着と部屋着のスエットを取り出して、バスルームの前に行った。脱衣カゴの中には脱いだパンツとシャツが入っていたので、私はそれを洗濯機の中に入れて、持ってきたものをカゴの中に入れておいた。

そしてキッチンに戻り、買ってきたおかずを皿に取って、テーブルの上に並べた。並べ終わったところに、ヒロがシャワーを浴び終えて出てきた。

私「まずはビールでも飲む?」
ヒロ「うん、飲む。金曜だから、発泡酒じゃなくてプレ●ルの方にして。」
私「ああ、冷蔵庫に入ってたね。」
ヒロ「もらい物だけどね。」

私たちはグラスにビールを注いでから乾杯をした。ふたりとも仕事の後のビールだったので、格別のおいしさだった。

ヒロ「ぷはあ、生き返る。」
私「やっぱプレ●ルはうまいね。」
ヒロ「金曜日はプチ贅沢したいからね。」
私「ほら、ビールばっか飲んでないで、おかずもたべなさい。」
ヒロ「なんか、聡一、おとうさんモードになってない?」
私「ああ、なってるかも。なんかつい食事になると習慣で、自然に世話やいちゃうんだよね。」
ヒロ「でも、それもいいかもって、思うんだよね。でも、ベッドに行ったら、おとうさんモードから熱いふたりモードに切り替えてね。」
私「はいはい、その時は最大限努力しましょう。ほらほら、やさいも食べないと。」
ヒロ「ほら、やっぱりおとうさんモードになってる。」

おかずを食べながら、ゆっくりとビールを何杯か飲み終えた。

私「そろそろご飯つけようか?」
ヒロ「うん、そうして。」
私「味噌汁も作ったからね。」
ヒロ「今日のお付けの身は?」
私「とうふとネギ。あとは漬物もあるからね。」
ヒロ「おお、日本の正しい夕食って感じだね。」

食事を終えた後、しばらく私たちはソファに座って報道番組を見ていた。ヒロは仕事で疲れているのか、しきりにあくびをしていた。

私「ヒロ、眠そうだね。眠いんだったらベッドでちゃんと寝たら?」
ヒロ「お腹が膨れると、眠くなるよね。でももう少ししたら、だいじょうぶ。」
私「とりあえず、ベッドに横になったら?」
ヒロ「それって、聡一、俺をベッドに誘ってくれてるの?」
私「はいはい、先にベッドに行っててね。後片付けをしたら、すぐに行くから。」
ヒロ「後片付け、手伝う。」
私「たいしてないから、手伝わなくてもいいよ。」
ヒロ「ダメ、手伝いたいんだよ。」

私たちは夕飯の後片付けをふたりでした。ふたりでするとすぐにそれは終わった。

そして先にヒロが歯を磨いて、その後私が歯を磨いて、ベッドに行くと、もうヒロは気持ちよさそうに眠ってしまっていた。
私はヒロを起こさないように、静かにベッドに入った。そして軽くヒロの唇にキスをした。ヒロはほんの少し目を開けたが、すぐにまた眠り始めた。

翌朝、私はものすごく気持ちのいい気分に包まれて目を覚ました。

ヒロ「聡一、起きちゃったね。」
私「まだ眠い。」
ヒロ「でもここはすげえ元気だね。」
私「ばあか、朝の生理現象だ。」
ヒロ「まあ固くなってるのは同じなんだから、俺が触ると気持ちいいでしょ。」
私「ほら、もう少し寝よう。」
ヒロ「昨夜できなかったら、やりたいんだけど・・・」
私「あと一眠りしてからにしよう。」
ヒロ「ここはこんなに元気なのに、寝られる?」
私「眠気のほうが強い。」
ヒロ「もうしょうがないなあ、じゃあ一眠りしたら、ぜったいやるからな。」
私「ほら、ヒロ、抱いててあげるから、寝なさい。」
ヒロ「なんか、聡一、またお父さんモードになってるぞ。」
私「あと一眠りしたら、切り替えるよ。」
ヒロ「もう、しかたないなあ・・・」

その時、ベッドルームに玄関チャイムの音が鳴った。

ヒロ「こんな朝早く、なんだろう・・・」
私「とりあえず出てごらんよ。」
ヒロ「しょうがないなあ、そのまま寝たかったのに・・・」

ヒロはベッドルームを出て、インターフォンの室内機のあるところに行った。そしてすぐに帰ってきた。

私「お客さん、誰だった?」
ヒロ「お客さんじゃないよ、ったく、ジュンちゃんだよ。」
私「あれっ、ジュンは確かここのカードと合鍵渡してたよね。」
ヒロ「なんかジュンちゃんなりに気を聞かせて、入口で部屋番号を押してくれたみたいだよ、俺たちがあの真っ最中だと困るからだってさ。だからあとはカードと鍵で入ってくるってさ。」
私「なんか急ぎの用みたいだった?」
ヒロ「特にそんな感じじゃなかった。きっと俺たちのジャマをしに来たんだよ。」
私「まさか、ジュンがそんなことするわけないだろう・・・」
ヒロ「ジュンちゃんは聡一の前だと、チョ~チョ~ぶりっ子だからね。反対に俺の前だと、ホンネむき出しだもん。」
私「ヒロ、ジュンとケンカでもしたのか?」
ヒロ「ケンカなんかしてないよ。せっかくのところをチョ~ジャマされたから、ムカついてるの。マジ、昨夜しとけばよかった・・・」
私「ヒロのほうが寝たくせに。」
ヒロ「だって、眠かったんだもんね・・・」

しばらくするとジュンがベッドルームに入ってきた。

私「ジュン、なんかあった?」
ジュン「なんか昨夜酔って帰ってきて、ひとりでベッドで寝てると、なんかちょっと寒くて・・・」
私「ジュン、風邪ひいたんじゃないのか?」
ジュン「うん、ちょっとそうかもしれない。とうさん、暖めて。」
私「いいぞ、ベッドに入っておいで。」
ヒロ「もしもし、ジュンちゃん、俺もいるんだけど・・・」
ジュン「ああ、ヒロちゃん、いたの。」
ヒロ「いたのって、ここ、俺んちなんだけど。」
ジュン「じゃあ、ヒロちゃん、ベッドで寝かせて。」
ヒロ「ったく、もう、ホントおじゃま虫なんだから・・・」
私「いいぞ、ジュン、とうさんとヒロの間に横になりな。」
ヒロ「ったく、もう、しょうがないなあ。」

ジュンは私とヒロの間に割りこむように横になった。

私「ほら、暖めてあげるから、寝なさい。」
ジュン「うん、でも、寝る前にキスして。」
私「もう、しょうがないなあ。」

私は軽くジュンにキスをした。

ジュン「ヒロちゃんは、してくれないの?」
ヒロ「していいのか?」
ジュン「だってヒロちゃんはオレのなんちゃってお母さんなんだから、してもいいよ。」
ヒロ「ったく、ジュンちゃんはかわいいんだか、かわいくないんだか・・・」

それでもヒロはけっこううれしそうな表情でジュンに軽くキスをしてくれた。
ジュンは安心したのか、すぐにクークーと寝息をたて始めた。

ヒロ「それにしても、ったく、ジュンちゃんは・・・」
私「今日はもうできないな・・・」
ヒロ「くそっ、俺、溜まりすぎてヘンになりそうだ・・・」
私「今日はガマンしよう。」
ヒロ「しょうがねえなあ、俺、もう怒った、ふて寝する。」
私「またこんどな。」
ヒロ「こんどっていつだよ、ったく。」
私「そのうちね。ほら、ヒロももう少し寝なさい。」

私たちはまだ朝早かったので、3人並んで二度寝をした。それは気持ちのいい睡眠だった。
しばらく寝た後、目覚めると隣で寝ているジュンが普段よりも暖かい。どうも熱が出たようである。
土曜に診療している病院がヒロのマンションから車で数分のところにあったので、そこで診てもらうと、幸いインフルエンザではなくて単なる風邪という。
ヒロに私のマンションまで送ってもらい、ジュンにもらってきた薬を飲ませて、そのまま寝かせた。
ヒロは午後遅くに仕事があるとかで、そのまま帰っていった。
私はときどきジュンの様子を見なから、午後ゆっくりとヴァイオリンの練習をした。

ジュンの風邪はそれほどひどくならず、日曜の朝にはほぼ平熱に下がっていた。月曜からは仕事に行けそうなくらいまでに良くなっていた。
けっきょく日曜はヒロが昼前にマンションに来て、3人で昼ごはんを食べて、午後はちょっとヒロとデートをして、また夕飯はマンションで3人で食べて、週末は終わったのだった。


theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード