ヒロと関西へ(その2)

日曜日の朝、私たちは部屋でゆっくりと寝た後、下のレストランでビュッフェの朝食をゆっくりと食べた。

私「今日はどうしようか?」
ヒロ「午前中はちょっと学校に行って、ちょっとピアノを弾きたい。講義の準備もちょっとできればいいなと思って。」
私「いいよ、じゃあ、午前中はどこか散歩でもしてるよ。」
ヒロ「それじゃあ、お昼をちょっと遅めにどこかで待ち合わせて食べようよ。」

朝食後、私たちは一度部屋に戻り、ヒロは学校に行く支度をして、私は普段着に着替えた。そしてホテルを出たところで私はヒロと別れた。
ホテルの近くの駅から地下鉄に乗り、私は難波で降りた。そして大阪っぽい法善寺横丁や、黒門市場を一人で気ままにぶらぶらと散歩した。
さらに道頓堀を過ぎて、心斎橋まで歩き、ちょっと一息着くために適当なカフェに入った。
カフェでコーヒーを飲んだ後、私は地下鉄でとりあえずホテルの部屋に戻った。しばらくするとヒロから電話がかかってきた。

私たちはホテルの近くで昼ご飯を食べることにした。その後、ヒロの荷物を置くために一度部屋に戻った。

私「午後はどうしようか?」
ヒロ「俺が一番したいのは、午後から夜にかけて、ゆっくりと聡一と気持ちいいことをすること。」
私「真昼間から、ホテルの部屋で?」
ヒロ「ホテルの部屋だから萌える。それに昨夜は聡一をいただく前に不覚にも眠っちゃったし・・・」
私「ばあか、それは東京に戻ってから、ゆっくりできるだろう・・・」
ヒロ「旅先のホテルでできるチャンスなんだから・・・」
私「だって、ヒロは講義のために関西に来たんだろう? イケメンのヒロ先生が目の下にクマを作って出ていくと、女子学生に変に思われるぞ。」
ヒロ「クマがちょっとできたくらいだったら、ぜんぜん大丈夫。」
私「目の中にライトがあるんじゃないかと思うくらい目が光ってる。」
ヒロ「じゃあ、don't desturbの札をドアの外側に掛けてくるね。」
私「でもちょっとだけだぞ。」
ヒロ「ちょっと夜までしようね。」
私「ったく・・・」

私はヒロにベッドの上に押し倒されるように横になった。

私「シャワー浴びてないぞ。」
ヒロ「朝、浴びたじゃん。」
私「それからだいぶ時間が経ってるから、臭うかもしれない・・・」
ヒロ「そのくらいだったら、俺はぜんぜん平気、ちょっと匂うくらいのほうが・・・」
私「ヒロが良くても、こっちが気になるだろうが・・・」
ヒロ「もう、聡一ったら、ごちゃごちゃ言ってないで、するからね。」
私「じゃあ、窓のカーテンしめて。」
ヒロ「はいはい、注文の多いお姫様だ。」
私「お姫様って言うなら、ヒロのほうだろうが・・・」
ヒロ「あっ、なんだ、聡一、半分勃っちゃってるじゃん。」
私「ばあか、言うな。」
ヒロ「俺もけっこう固くなってるんだけど、触ってみて。」
私「じゃあ。」

そう言って私は上半身を少し起こして、上に載っていたヒロを横に倒して仰向けにした。そして今度は私がヒロの上に乗った。

ヒロ「やっと聡一がその気になってくれたね、うれしい。」
私「そんなうれしそうな顔をされると、グッとくるね。」
ヒロ「話してないで、しよう。」

私たちは少しずつ本気になって気持ちのいいことに熱中し始めた。そして時間の経つのも忘れて快楽を貪りあった。
十分に気持ち良くなったころ、すでに外は暗くなっていた。すこし時間を忘れて楽しみすぎたみたいだった。

私「もう暗くなってるね。」
ヒロ「もう夜か、時間が経つのは早いな。」
私「時の過ぎるのを忘れてやっちゃったからな。」
ヒロ「すんげえ、良かった。聡一も楽しんでくれたみたいだし・・・」
私「どうする、なんかちょっと食べに行く?」
ヒロ「もう外に出たくない。ルームサービスがあるから、それにしようよ。」
私「でお、この状態じゃ、ルームサービスに来てもらうわけにもいかなよ。」
ヒロ「じゃあ、聡一はシャワーでも浴びてなよ、その間に俺がルームサービスに対応するから。」
私「そうだね、二人でこんな姿でルームサービスの人に見られたくないもんな。」

とりあえずヒロが電話でルームサービスの食事を注文した。少し待ってから私はバスルームに入って、熱いシャワーを浴びた。
浴び終わったところで、ヒロがルームサービスが届いたことを私に知らせてくれた。
私たちはホテルの白いバスローブを来ただけの姿で、ルームサービスの食事を一緒に食べた。

私「ヒロ、お腹いっぱいになったか?」
ヒロ「うん、けっこうボリュームあったからね。」
私「第二ラウンドはいいのか?」
ヒロ「聡一がお望みなら、俺はいつでも大丈夫だけど。」
私「もうこっちは出すものがないくらい、空っぽだ。」
ヒロ「俺も久しぶりに聡一にしっかりと楽しませてもらったから、じゅうぶん。」
私「疲れてない?」
ヒロ「俺は大丈夫。これからちょっと講義の資料の準備をするよ。」
私「元気だな。」
ヒロ「聡一は寝ててもいいからね。」
私「寝るには早い。ベッドに座って本でも読んでるよ。」

窓際のデスクに座って、資料を検討し始めたヒロの後姿を見ながら、私はベッドボードに持たれて座った。そしてもってっ来た本を読み始めた。

11時頃、さすがに疲れてきたのか、ヒロは講義の準備をやめて、ベッドに入り込んできた。

私「もういいのか?」
ヒロ「うん、だいたいできた。」
私「ちょっと疲れたね。」
ヒロ「ぐっすり眠れそうだ。」
私「おやすみのキスをしてあげるから、もう寝なさい。」
ヒロ「うん、おやすみ。」

そう言うと、ヒロはすぐに眠ってしまったみたいだった。
私もヒロの体温を気持ち良く感じながらだんだんと眠りに引き込まれていった。
翌朝、私たちはものすごく気分のいい目覚めを迎えることができた。
お腹が空いていたので、私たちは着替えるとすぐにレストランに行った。ビュッフェの朝食をあれこれゆっくりと食べていった。

私「ヒロ、今日は学校に行くんだろう?」
ヒロ「行くけど、午後一でいいから、午前中は聡一といられるよ。」
私「じゃあ、どうしようか?」
ヒロ「ちょっと早めに学校に行って、ピアノを少し弾きたいんだけど。」
私「いっしょに学校に行けるかな。ヒロの練習を聞きながら本を読みたい。」
ヒロ「大丈夫だよ、ちょっとピアノ室を借りとく。先生の俺がちゃんと弾けないとシャレになんなもんね。」

朝食後、私たちはタクシーでヒロが講義をする学校に行った。
そしてピアノ室に入っていった。グランドピアノが2台あるスタジオだった。私は部屋の隅に置かれていた椅子に座って、ヒロの練習を聞き始めた。
ヒロが練習するのを聞いているのはけっこう興味深い。同じピアノの練習でもジュンのとはやり方がだいぶ違うからだ。

ヒロ「練習をそんなにがっつり聞かれるとなんか変な感じ。」
私「じゃあ、本でも読んでるよ。」

私は持ってきていた文庫本を出して読み始めた。そしてヒロの練習は2時間ほどで終わった。

ヒロ「練習終わり、時間あるからお昼食べに行こうよ。」
私「そうだね、ヒロは練習しっかりしたから、お腹空いただろう。」
ヒロ「ちょっと歩いたところに、静かなイタリアンがあるんだ、そこでゆっくりお昼食べよう。」

私たちは10分ほどあるいて、ちょっとしゃれたイタリア料理店に入った。日替わりランチのミラノ風カツレツを注文した。

ヒロ「ワインは頼まなくていい?」
私「ヒロはこれから打ち合わせなんだから飲めないだろう。一人だけ飲むわけにもいかないし。」
ヒロ「いいのに。」
私「まあ、この後新幹線に乗ったら、ビールでも飲むよ。」
ヒロ「気をつけて帰ってね、一週間ほど会えないけど。」
私「しっかり仕事をしておいで。帰ってくるのを待ってるよ。」

食後のエスプレッソまでゆっくりと楽しんで、私たちは駅まで行き、そこでヒロと別れた。
私は電車を乗り継いで新大阪まで行き、お土産をいくつか買い、ジュンと食べるために551の豚まんを買った。
ビールも買ってから、私はホームに上がり、自由席の列に並んだ。それほど待つこともなく、乗り込むことができ、私は窓側の席に座った。
しばらくすると満員の乗客を乗せた新幹線は東京に向けて走り始めた。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

ヒロと関西へ

3月末にヒロはまた関西で一週間の集中講座をするというので、ちょうどその前が三連休になるので、先乗りをするヒロにくっついて私も関西に三日間行くことになった。
三連休前の金曜の夜、私はヒロと東京駅の新幹線ホームで待ち合わせをして、9時前の新幹線に乗ることにした。
夕食は新幹線内で食べることにしていたので、私は行きつけの店で惣菜を買ってタッパーに詰めて持ってきていた。そしてごはん代わりのおにぎりも買っておいたので、いっしょに持ってきていた。
新幹線が入線してきたころ、ヒロがホームを小走りで近寄ってきた。

ヒロ「やべ、遅くなっちゃった。」
私「だいじょうぶ、まだ5分くらい時間がある。」
ヒロ「なんか荷物を作るのにてまどっちゃって・・・」
私「手伝いに行けばよかったな。」
ヒロ「ううん、荷物ったって講義の準備資料とかだから、俺がしないとね。」
私「とにかく席に座ろう。」

私たちは指定券に書かれてある車両に乗り込んだ。そして二人掛けの席に並んで座った。

ヒロ「ふう、間に合ってよかった。」
私「走ってきから、汗かいてるだろう?」
ヒロ「ちょっとね。」
私「缶ビール買ってあるけど。」
ヒロ「飲む飲む。」

私たちはビールで乾杯した。ヒロは本当にのどが渇いていたらしく、ごくごくと勢いよく飲み始めた。

私「ほら、弁当持ってきたけど。」
ヒロ「食べる、すげえお腹減ってんだ。」
私「いつも買ってる店のお惣菜とおにぎりだけどね。」
ヒロ「あの店のお惣菜、俺けっこう好きだよ。」
私「ならよかった。いっぱい食べな。」

私たちはビールを飲みながら惣菜を食べた。
お腹がいっぱいになるとヒロは疲れているのか、居眠りをし始めた。
私は持ってきた本を読むことにした。
そして新幹線は深夜の新大阪に到着した。私たちはタクシーでホテルに向かった。
ホテルの部屋に落ち着いたころには日付が変わっていた。私たちは軽くシャワーを浴びてそのまま寝ることにした。
翌朝。私たちは8時過ぎまで寝てから、朝食のビュッフェを食べに行った。
ヒロ「今日はどうしようか?」
私「こういうなんの予定もない旅行って、けっこういいもんだね。」
ヒロ「壮一、行きたいとこある?」
私「そうだなあ、フンデルトワッサーデザインのごみ焼却場を見てみたいなあ。」
ヒロ「日本にもあるの?」
私「大阪港のほうにあるらしい。」
ヒロ「ウィーンだけじゃないんだ。」
私「フンデルトワッサーは俳号も持ってて、百水っていうらしい。」
ヒロ「なんだ、まんまじゃん。」
私「見られるか、調べてみるよ。」

私はスマホでフンデルトワッサーを調べてみた。環状線の駅からバスで行けるらしい。
私たちはホテルを出て環状線に5分ほど乗った。駅前からバスに乗り換えて、埋立地のほうに行った。大きな橋を渡るとすぐに派手な色合いの清掃工場が見えてきた。
最寄りのバス停で降りると清掃工場はすぐだった。曇っていはいるが雨は幸いほとんど降っていなかったので、私たちは派手な建物の周りをグルっと歩いて回ってみた。
フンデルトワッサーの作品が大阪で間近に見られるとは、ちょっと感動である。ウィーンの清掃工場は遠目にしか見なかったのが残念である。
フンデルトワッサー散歩を十分に楽しんでから、どうやって戻ろうかと思っていると、客を下ろしたばかりのタクシーがゆっくりと走ってきたので、それをつかまえて元の環状線の駅まで戻った。
そこから阪神に乗ってとりあえず難波まで行くことにした。ちょうど来た電車は難波を通り越して遠く奈良まで行くらしい。

ヒロ「このまま乗ってたら奈良まで行けるんだ。いっそ奈良まで行っちゃおうか。」
私「でも奈良まで行くとどのくらい時間がかかるんだろうね。」
ヒロ「路線図に、難波のすぐ先に鶴橋ってあるね。」
私「ああ、環状線との乗換駅だね。」
ヒロ「確か鶴橋にはコリアンタウンがあったんじゃないかな。」
私「そうだっけ。まあ大阪は在日の人たちが多いんだったよね。」
ヒロ「鶴橋でエスニックなお昼食べようよ。」
私「あんまり辛くなければいいよ。」
ヒロ「石焼きビビンバとかだったら、辛くないんじゃない。」

私たちは難波を通り越し、鶴橋駅まで行った。近鉄の改札を出ると、目の前がコリアンタウンの商店街だった。
網の目になった狭い通路を中に入って行くと、日本ではないような店が並んでいた。
商店街をウロウロして、その後コリアンレストランがあったので入ってみた。
私は石焼ビビンバ定食をたのみ、ヒロは純豆腐チゲ定食を頼んだ。
ランチメニューなのでどれだけ本格的なのかは分からないが、石焼きビビンバはおいしかった。
駅前のコリアンタウンを後に、さらに歩いたところにコリアン市場のようなところがあるということだったので、10分ほど歩いて行った。
こちらのコリアンタウンは中華街のような立派な門があり、本格的である。こちらは市場のようなもので、食品店が多いようである。
珍しいものがいろいろと売られていて、見ていて楽しいところである。
デザート代わりに黒砂糖の入った上げたお焼きのようなお菓子を買って食べた。
そしてあちこち歩き回っているうちに環状線の駅に着いたので、とりあえず環状線に乗ってホテルに帰ることにした。

ホテルに帰り、部屋にはいると、いきなりヒロに壁ドンをされてしまった。

私「どうした、ヒロ、いきなり。それに顔が近い・・・」
ヒロ「ふふふ、今日は俺が主導権を握って、聡一を楽しませる。」
私「いいけど、ヒロ、目が据わってるぞ。」
ヒロ「なんか、このシチュ、けっこう萌え。聡一のちょっと不安そうな表情がたまらない。」
私「いきなりこんなことされたら、ドキドキするだろうが・・・」
ヒロ「ドキドキするだけ? 俺のほうはもう準備OKだよ。」
私「何の準備だよ・・・」
ヒロ「わかってるくせに・・・」
私「別にそれほどモッコリしてないみたいだけど・・・」
ヒロ「今日はけっこうタイトなボクサーを穿いて、押さえつけてるからね。触って調べてみたら?」
私「しょうがねえなあ。」

私は手でヒロの少しもっこりしているあたりを触った。

ヒロ「痛てっ。」
私「強く触りすぎた?」
ヒロ「そうじゃなくて、聡一に触られてさらに硬くなったら、痛くなった、ちょっと方向を変える。」

ヒロは手をベルトの内側に差し込み、硬くなったものを楽な向きに変えた。

ヒロ「ゴメン、せっかくいいところだったのに、中断させちゃったね。」
私「どんなパンツ穿いてるんだよ?」
ヒロ「勝負パンツ。見せパンだから、見せてあげる。」

そう言うとヒロはさっさと穿いていたジーンズを脱いだ。その下からは、スーパーローライズというらしい、股上の短いボクサーがあらわれた。ヒロのものは横になってタイトな生地を盛り上げていた。

私「それにしてもこの小さなパンツじゃ、勃起すると先端が飛び出るだろう。」
ヒロ「だからさっき横に位置を直したんだよ。」
私「それにしても先端の部分に染みができてる・・・」
ヒロ「俺ってけっこうガマン汁多いんだよね・・・」

そして今度はヒロが私のボトムを脱がせ始めた。私も下半身はパンツ一枚になってしまった。

ヒロ「なんだ、聡一もけっこう色っぽいパンツ穿いてるじゃん、それにしてもモッコリがすげえ・・・」
私「このパンツはアレの収納部分がゆったりしてて、穿き心地がいいんだよね。」
ヒロ「聡一、けっこう勃ってる?」
私「まだ半分も勃ってないけど・・・」
ヒロ「それにしてはすげえモッコリ。」
私「パンツ脱ごうか?」
ヒロ「うん、生で聡一のを触りたい。」

私たちはそのままパンツを脱いで下半身素っ裸になった。そして向き合ってお互いのモノを握り合った。

ヒロ「なんか昔ドキドキしながら相互オナニーした時のことを思い出した・・・」
私「誰とそんなことしたんだよ?」
ヒロ「高校の同級生、でもそいつは残念ながらゲイじゃなかったけどね・・・」
私「それでも何かちょっと嫉妬するな・・・」
ヒロ「聡一はそんなことなかったの?」
私「だって、オクテだったから、精通したのは高校生になってからだし、大学生になってオナニーを覚える前にセックスしちゃったし・・・」
ヒロ「聡一ってちょっとそんなところが変わってる・・・」

私たちは立ったまま、お互いの硬くなったものをゆっくりと刺激し合った。それにしてもこんなオナニーに毛が生えたような行為でも、好きな相手とするとものすごく気持ちがいい。たぶんヒロの方も同じように感じてくれていると思う。
私たちは夢中になって快感を貪りあった。
そして少し時間差があったが、ふたりとも相手のからだをめがけて白いマグマを掛けあったのだった。

ヒロ「聡一、すげえ良かったよ。」
私「気持ち良すぎて気が遠くなりそうだった・・・」
ヒロ「今夜はもっと濃厚なことをしようね。」
私「まだすんのか?」
ヒロ「だってこんなのはほんのオードブルじゃん、メインは夜ベッドで・・・」
私「ったく、元気だな、目がらんらんと光ってるよ・・・」

私たちは身支度をして、夕食を食べに街にでかけた。大阪らしい串揚げの店に入り、お任せコースを楽しみながら私たちはビールを飲んだ。
お腹いっぱいになってホテルの部屋に戻ると、ヒロは着替えもせずにベッドに横になり、すぐに寝息をたてはじめた。
私はヒロを起こさないように上着とジーンズを脱がせた。
そして私もヒロの横に並んで寝そべった。ヒロの体温を感じながら私もすぐに寝てしまっていた。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード