ジュンとふたりで

先週の木曜にヒロが海外に仕事で行ってしまった。なんでも10日ほど向こうで集中レッスンをするらしい。一緒に行かないかとヒロが誘ってくれたのだが、私のほうは10続けての休みはとりにくい。それにヒロは仕事で行くのだから、私がついていかないほうがいいだろう。ジュンはもうすぐ大学卒業で、3月には俊顕くんといっしょに卒業旅行に行くことになっている。そのまえに私とも卒業旅行に行きたいというので、土日に一泊の予定で温泉に行って温まることにした。
金曜の夜、ジュンは温泉に行けると喜んでいた。喜ぶジュンを見ていると私までうれしくなってくる。
ジュン「明日は何時頃出かける?」
私「遠くに行くわけじゃないから、ゆっくり朝を食べて9時頃に出ようか。それでも時間は余り過ぎてるから、回り道していくよ。」
ジュン「うわあ、オレ回り道大好き。どうするの?」
私「東名を通って、富士山の南側を回って、三島でうなぎでも食べて、朝霧高原を通っていくのはどう?」
ジュン「オレ、うなぎ好き。そんでそれだと富士山一周する?」
私「一周もできるけど帰りは中央高速で帰るなら、一周には少しだけ足りない。一周したければ、帰りも東名にすれば完全に一周できるよ。
ジュン「じゃあ一周しようよ。」
私「明日は天気は良さそうだけど、寒そうだから、防寒はしっかりしていかないといけない。」
ジュン「でも車で行くんだから、外に出たときんだけね。」
その夜は旅行に備えて夜ふかしもせずに私たちは寝たのだった。そして深夜、私はジュンのうめき声で目が覚めた。昔からの習慣でジュンがちょっと夜中にうめいたりするとすぐに私は目を覚まして、ジュンの様子を見てしまう。ジュンはちょっと苦しそうな顔をして、からだを小刻みに震わせていた。うめいていても、寝ているのを起こしてしまうのもかわいそうなので、少し様子を見ていると、しばらくするとジュンが目を開いた。
私「ジュン、大丈夫か? なんかうなされてたけど・・・」
ジュン「はあ、なんだ、夢か・・・ あっ、とうさん・・・」
私「どうした、ジュン?」
ジュン「変な夢見てる最中に目が覚めた・・・」
私「怖い夢?」
ジュン「ううん、気持ちいい夢、でも一番いいところで目が覚めちゃった・・・」
私「じゃあ、また寝たら続きが見られるかもしれないね。」
ジュン「でも、なんかオレ、あそこが痛いくらいギンギンで、眠れそうもない・・・」
私「どうした?」
そう言って私は手をジュンの股間に伸ばした。ジュンのものは鉄のように固くなっていた。
ジュン「とうさんに触られると、しびれたみたいに気持ちいい・・・ もっと擦ってよ・・・」
私「あんまりこんなことしないほうがいい・・・」
ジュン「なんかオレ下半身が疼いてガマンできない・・・」
そう言うとジュンは私のうえに覆いかぶさってきて、私にキスをしながら、パンツ越しに下半身を擦りつけてきた。ふだんしている唇を合わせるだけのキスではなくて、ジュンの舌が私の口の中に侵入してきた。キスの快感が電気のように私の下半身を痺れさせていた。ジュンの情熱的なキスで私の理性が飛びそうになりかけたとき、ジュンの腰の動きが激しくなって、そしてジュンのものが大きく爆発を繰り返すのを私は感じていた。
ジュン「げっ、やべえ、出ちゃったよ・・・」
私「パンツの中に出しちゃった?」
ジュン「うん、ベトベトになった・・・」
私「じゃあ、すぐに替えのパンツ持ってきてやるから・・・」
そう言って私は起き上がってクローゼットに行き、ジュンの替えのパンツを出した。パンツを持ってベッドに戻ってくると、ジュンはもうスースーと寝息を立て始めていた。パンツを見ると前のほうが精液で大きくシミになっていたので、風邪をひくといけないので、私は眠っているジュンのパンツを起こさないように静かに脱がせた。そしてテッシュできれいに拭きとってから乾いたパンツをなんとか穿かせた。なんかジュンがオネショをしていた頃のことを思い出してしまった。
翌朝、ジュンは爽やかに目を覚ましていた。夜中のことは覚えていないような感じだった。私たちは軽く朝食を食べてから、車で東名を走った。途中で一度休憩をしてから、沼津で降りて三島に向かった。朝が軽かったので、昼前なのにお腹は空いていた。うなぎ屋は有名なところらしいが、まだ昼前なので車を停めることができた。名物のうな丼をゆっくりと食べて、私たちはちょっとだけ街を腹ごなしに散歩した。そしてまた車でこんどは富士宮の浅間大社に行ってお参りをした。その後朝霧高原でお茶をして、宿泊予定のホテルにはチェックインの時間もちょうど着いた。フロントに行くと、チェックインを終われば、すぐに部屋に案内してくれた。
部屋に入ると、窓の向こうに湖と富士山が見えている。ベランダには専用の露天風呂もあり、なかなかいい感じである。
さっそく私たちは専用露天風呂に入ることにした。人目を来にすることもなく部屋で服を脱いで裸になって、そのまま露天風呂に入ることができる。ジュンはさっさと服を脱ぎ捨てて、全裸になってベダンダに出ていった。私も裸になったが、なんか気になって、前を手で隠してベランダに出た。
ジュン「なんだ、とうさん、ここは専用露天風呂なんだから、隠すことなんかないじゃん。」
私「そうなんだけどね、なんか習慣で・・・」
ジュン「うわっ、やっぱとうさんの大きい。」
私「ばあか・・・」
ジュン「ゲイの人は、大きいほうが好まれるの?」
私「まあ男のシンボルだからね・・・」
ジュン「でもヒロちゃん、入るの?」
私「ヒロには入れたりしてないぞ。」
ジュン「えっ、そうなの?」
私「ヒロとはそんなことしなくてもじゅうぶん気持ちいいから・・・」
ジュン「あっ、とうさん、大きくなってきた?」
私「変なこと話すからだ・・・」
ジュン「ねえねえ、昨日、オレとうさんにのしかかって、イッちゃったような気がするけど・・・」
私「急に目を覚ましたと思ったら、とうさんの上に乗って腰を動かしながらディープキスするから、驚いた。」
ジュン「やっぱそこは夢じゃなかったんだ・・・」
私「そんでジュンはさっさとイッてそのまま寝ちゃったんだぞ。」
ジュン「やっぱイッたのは夢精じゃなかったんだ、とうさんパンツ替えてくれた?」
私「久しぶりに眠ってるジュンのパンツを替えた・・・」
ジュン「そうだったんだ、なんかハズいというか・・・」
私「今さら、恥ずかしいもなにもないだろう。ジュンのからだは玉の裏までよく知ってるし・・・」
ジュン「うわあ、とうさんにはかなわないなあ・・・」
私「ジュンは全身がすべてかわいいからなあ・・・」
ジュン「そんなこと言うと、オレつけあがっちゃうぞ・・・」
私「とうさんはもともとジュンには弱い・・」
そんな事を話しながら、私たちは美しい景色を見ながらゆっくりとお湯で温まった。そして布団をひとつ敷いて、私たちは抱きあって少しだけ昼寝をした。一時間ほど寝て、まだ暗くなる前だったので、私たちは夕暮れの中を少し湖をめぐってドライブをした。暗くなってホテルに戻り、こんどは展望露天風呂に入りに行った。まだ空はほんの少し明るさが残っていて、富士山のシルエットが美しかった。
そして夕食後、少しテレビを見てから、また専用露天風呂に入ることにした。外は暗いが、湖面は光が反射して見えた。私たちはお湯で暖まると、こんどはお湯から出てからだを冷やし、そしてまたからだを暖めるのを繰り返していた。
私「どうした、ジュン・・・」
ジュン「ちょっと長く入りすぎたかな。」
私「湯あたりかもしれないな、大丈夫か?」
ジュン「ちょっと気分が悪い・・・」
私「もう、風呂から出て、寝なさい。」
ジュン「うん、そうする。」
私「立ち上がれるか?」
ジュン「のどが渇いた・・・」
私「スポーツドリンクでも飲むか?」
ジュン「うん・・・」
私「飲んだら、もう横になりなさい。」
ジュン「とうさんもいっしょに寝て・・・」
私「もう、甘えて・・・」
ジュン「眠いよ、おやすみ・・・」
私「ほら、ゆっくり寝なさい。」
そうしてジュンはすぐに眠ってしまった。私はしばらくジュンの頭をなでていたが、私もだんだんと眠くなってきて、しばらくすると眠ってしまっていた。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード