スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会人のジュンと俊顕くん

金曜日の夜、ヒロは仕事、ジュンは会社関係の飲み会で少し遅くなるということだったので、私は直さんから借りたDVDをぼんやりと見ていた。
10時頃、ジュンから電話があり、一時間ほどしたら、俊顕くんを連れて帰るという。どうしたのだろうと思って待っていると、一時間ほどしてジュンは俊顕くんを抱えるようにして帰ってきた。私たちは俊顕くんを両脇から抱えて、とりあえずはリビングのソファに座らせた。

私「どうしたんだ、俊顕、酔ったのか?」
俊顕くん「俺はぜんぜん酔ってなんかないですよ~だ、ちょっといい気分になってるだけなんで~す・・・」
ジュン「もう、俊顕ったら、すごいピッチで飲むんだもん。だからこんなに酔っちゃったんだよ。」
俊顕くん「だって飲まないわけにいかない酒だったんだから・・・ まあ、ジュンがいるから安心して酔えたけど・・・」
私「ほら、俊顕、水飲め、少しは酔いが覚めるぞ。」

私がコップに入った冷たい水を渡そうとすると、俊顕くんはほとんど眠りかけていた。しかたがないので、私は俊顕くんの口のところにコップを持っていき、水を飲ませてやると、俊顕くんは少し目を開いて、水をごくごくと飲んだ。

私「こりゃ、俊顕のやつ、もうだめだな。寝ちゃったよ。」
ジュン「もう起きないね。」
私「ベッドに寝かせなきゃならないけど、その前にこの高級スーツを脱がせてやらないと、せっかくのスーツがシワだらけになるだろう。」
ジュン「うん、そうだね。ちょっと待って、その前にオレのほうがまずスーツを脱いで着替えてくるから。」

ジュンはベッドルームに入って、スーツを脱いで部屋着に着替えてきた。
そして私たちは眠っしまった俊顕くんのスーツとワイシャツを脱がせて、下着だけにした。

私「相変わらず、俊顕のやつ、エロいパンツはいてるな。」
ジュン「勝負パンツみたいだね。」
私「ジュンに勝負パンツを見せるために、酔いつぶれたとか・・・」
ジュン「まさか。だって俊顕のパンツなんて、なんども見てるし・・・」
私「じゃあ、俊顕をベッドに運ぶか。」

私たちは俊顕くんを両側から支えて、なんとかベッドまで運んだ。ベッドに横になると、俊顕くんは爆睡し始めた。

私「それにしても、俊顕のやつ、寝顔はそれなりにかわいいんだな。昼間はいつも怒ったような顔してる癖に・・・」
ジュン「まあ、俊顕も立場上いろいろ大変なんだよ。昼間は無理して怖い顔ばっかしてるんだから。」
私「まあ、社会人となるといろいろ大変なんだろうけどね。それで、ジュンは大丈夫なのか?」
ジュン「まあね、会社ではいろいろあるけどさ、でも、大変なことばっかじゃないし。それにウチに帰ればとうさんがいてくれるし・・・」
私「なんか困ったことがあったら、すぐにとうさんに言うんだぞ。」
ジュン「うん、そうするよ。」
私「ジュンはどうする、もう寝るか?」
ジュン「金曜だし、もう少し起きてる。とうさん、いっしょにビール飲もうよ。」
私「そうだな、ちょっと飲むか。」

私たちは冷蔵庫からよく冷やしたビールをグラスに注いだ。

私「飲み会でもうかなり飲んでるんじゃないのか?」
ジュン「それほど飲んでないよ。それにとうさんと飲むビールは別腹だし。」
私「若いからって、無理すんなよ。」
ジュン「うん、しないようにする。」
私「まあ、このところ前ほど仕事で遅くなることが多少は少なくなってきたよな。」
ジュン「うん、だいぶ仕事するのに慣れてきたしね。」
私「それにしても、ついこの間まで小さかったジュンと、こうやってビールをいっしょに飲めるようになるなんて、ホントに時が過ぎるのは早い。だから今のこの瞬間を大切にしないといけない・・・」
ジュン「オレは、この先いくつになってもとうさんの子供だからね。まだまだ甘えさせてほしいんだけど・・・」
私「まだしばらくの間は甘えてていいぞ。」
ジュン「とうさんがオレのとうさんでホントよかった・・・」
私「そういえば、俊顕のやつ、あんなに酔っ払って、会社で何かあったのか?」
ジュン「まあ、俊顕はオレと違って、背負ってるものが多いからね。それにオレがとうさんに甘えるみたいに、俊顕には甘えられるひとがいないんじゃないかな。」
私「まあ、俊顕はゲイなのに、跡継ぎを作るために結婚するっていうのも、やっぱ大変かもしれないな。」
ジュン「でもとうさんだってゲイなのに、オレがちゃんとできたじゃん。」
私「でも女の人とエッチするのは、とうさんにはけっこう大変だったよ・・・」
ジュン「やっぱ男の人とするほうがとうさんはいいんだ。」
私「まあね、やっぱエッチするのは、お互いに響きあうものをもってるほうがいいと思うよ。」
ジュン「やっぱ精神的な部分が大切だってことだね。」
私「もちろん、からだの快感も大きいけどね。」
ジュン「快感だけ求めるなら、ひとりエッチでもいいわけだし・・・」
私「ジュン、最近セフレはいるのか?」
ジュン「一応いるけど、なんかあんまり会わなくなっちゃったよね。」
私「まあ今ジュンは仕事が忙しいってこともあるのかもしれないね。」
ジュン「でもけっこう気持ちいい夢見てスッキリすること多いから、オレはだいじょうぶ。まあとうさんにはパンツ洗わせてゴメンね。」
私「若い男の子は夢精するもんだからね、恥ずかしがることはない。」
ジュン「でもとうさんでよかった。もしも女親とだったら、こんな話できないもんね。」
私「とうさんも同じだ、ジュンが息子でよかったよ。なんでも話せるからね。」

だんだんと夜遅くなってきたので、私たちは寝るために、ベッドに行った。ベッドでは俊顕くんが、からだをくの字に曲げて寝ていた。私は俊顕くんをベッドの端の壁際のほうに押し出した。私がかなり強く俊顕くんのからだを押して移動させたので、ぐっすり眠っていた俊顕くんも目を覚ましたようだった。

ジュン「俊顕、起こしちゃったね、ゴメン。」
私「ったく安心しきった顔でグースカ寝やがって・・・」
俊顕くん「このベッド、ジュンのいい匂いがして、すげえ気持よく眠れる。」
私「ったくどんな夢見てたのやら、俊顕、おまえ、すげえ勃ってるぞ。」
俊顕くん「これは、その、ちょっと飲み過ぎてオシッコが溜まったせいですって。」
私「じゃあ、早くトイレ行ってこい。」

トイレからスッキリした顔で俊顕くんが帰ってきたので、私たちはベッドに横になった。
私がベッドの真ん中で仰向けに寝て、その左右にジュンと俊顕くんが私の方を向いてピッタリとくっつくように横になった。

俊顕くん「なんか寒くなってくると、こうやって誰かとくっついて寝ると、暖かくていいなあ。」
私「じゃあ、婚約者にいっしょに寝てもらえよ。」
俊顕くん「まだ結婚してないのにそんなことできるわけないでしょうが・・・ それに俺はどっちかというと男に暖めてもらいたいというか・・・」
ジュン「俊顕、とうさんにくっつくのは仕方ないけど、それ以上はダメだからね。」
俊顕くん「ジュン、だいじょうぶだよ、聡一を取ったりしないから。」
私「ほら、ふたりとも早く寝なさい。仕事で疲れてるんだろう。」

ふたりの食べごろの若い男の子にくっつかれて、その体温といい匂いのせいで、私は激しく勃起してしまっていた。しかしどうすることもできずに、私はじっと他のことこ考えるように努力していた。そうしているうちに、私もだんだんと眠ってしまったのだった。





theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: いいなあ

たけろー様

朝は見られてしまったようですが、ジュンも俊顕くんも似たようなものだったので、お互いさまでした。
それにしても男の朝はけっこう困りものですね。

何歳になっても親子は良いですよね。今は、ヨーロッパに留学中なんで、お父さんと会えないので寂しいですが、僕も最近自分のお父さんが自分の父親でよかったと思うようになりました。因みに僕はじゅんくんと同い年なんですが、聡一さんみたいなパパだったらドキドキしちゃうかもしれないです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

真様

ヨーロッパ留学中ですか、いいですね。何の勉強をしているのですか?
遠い所でいろいろとさみしいでしょうががんばってください。

No title

食べごろの若イケメンっていい香りしますよねえ。

羨ましいです。俊顕くん、仕事大変そうですね。

Re: No title

健一様

コメントありがとうございます。
この年頃の若者はなんか特別ないい匂いが出ているのかもしれませんね。

ありがとうございます。
音楽の勉強をしているのですが、最近はヨーロッパの一部の地域では日本の大学を卒業すると大学院からの受験しかできなくなり、楽器的にも日本とのレベルの差がすごいので受験に悪戦苦闘しています。今は、プライベートでレッスンに行ったり語学の勉強したり、いろんな学校の先生に見てもらったりしています。て、長々すみません。

Re: タイトルなし

真 様

やっぱり日本とヨーロッパの音楽教育は相当違っているようですね。
たまにヒロにくっついてヨーロッパの方に行くことがあると、技術だけじゃなくて表現力の差を感じてしまいます。
いろいろ大変でしょうが、がんばってくださいね。
差し支えない程度でいいですので、そちらの状況を伝えていただけるとうれしいです。
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。