スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュンの出発

ジュンがフィアンセを迎えに成田を出発する前日の夜、私は定時で帰宅して、ジュンの用意したスーツケースと当座の着替えの入ったバッグを車に積んで、マンションを出た。
夕方のラッシュの中を、私は都心方面にあるジュンの勤める会社のほうに車を進めていた。
けっこう渋滞もあったが、約束の時間の少し前に、私はジュンの会社の前に到着した。
ジュンも待っていたのか、すぐに車に走り寄ってきた。

ジュン「時間前に着いたね。」
私「ちょっと、荷物を確かめてご覧。」

ジュンは私の積んできた荷物を調べた。

ジュン「これでいいよ、だいじょうぶ。」

そこに俊顕くんが近づいてきた。

俊顕くん「もう、聡一さんったら、ホントに過保護なんだから。」
私「なんで俊顕がここに出てくんだよ。」
俊顕くん「ここで俺も働いてるんです。ジュンと一緒のところで働いてるんだから、俺んちの車でジュンも送るって言ったのに・・・」
ジュン「俊顕、ありがとうね、でも、やっぱ、オレ、とうさんの車で行きたかったんだ。」
俊顕くん「途中で車が故障しても知りませんよ。」
私「ホロ車で悪かったな。」
ジュン「じゃあ、俊顕、明日の朝、航空会社のカウンターのとこでね。」
俊顕くん「ああ、待ってるよ、じゃあね。」

私はまだジュンとしゃべりたそうにしている俊顕を振りきって、車を発進させた。
高速に入って、私たちは途中で簡単な夕食を済ませたあと、成田まで行って、空港の近くのホテルにチェックインした。

ジュン「おっ、意外に広い部屋。」
私「ネットで予約したんだけど、ダブルの部屋はけっこう安い。」
ジュン「オレたち、フロントの人にゲイのカップルって思われたかな。」
私「姓が同じなんだから、親子だと思ったんじゃない。」
ジュン「だって、とうさんは若く見えるんだから、親子とは思わないんじゃないかな。」
私「ほら、明日の朝は早起きしなきゃなんないんだから、早くお風呂に入って、寝なさい。」
ジュン「うん、そうする。でも、とうさん、お風呂、いっしょに入ろうよ。久しぶりにからだ洗ってほしいな。」
私「まったく、甘えた声を出して・・・ まあ、今日は特別に一緒に入ろう。」

私は昔のようにジュンを前に立たせて、服を上から脱がせていった。脱がせる時のジュンのちょっとくすぐったそうな顔がかわいい。私よりも背が高くなったくせに、こういう時の表情だけは昔の面影を残している。

私「ほら、脱がせてやったから、先に入って、湯船に浸かってなさい。」
ジュン「とうさんもすぐに来てね。」

ジュンはバスルームの中に入っていった。私も着ているものを脱いだ。父親なのに、ジュンを脱がせているうちに、ガマン汁が少し出て、パンツに小さな染みを作っていた。

風呂の中に入っていくと、ジュンはバスタブに半身浴で入っていた。私はジュンの前に向かい合って座った。お湯はちょうどへそのあたりまで来ていた。

ジュン「ほらほら、とうさん、オレのモノ、だいぶ剥けてきたでしょ。」
私「そうだな、もうすっかり大人になってきてるね、まあ色はまだきれいなままだけど。」
ジュン「とうさんだって、じゅうぶんきれいな色してるんじゃないかな。まあとうさんくらいの年の、他の人のは直さんのモノくらいしか知らないから、はっきりは言えないけど・・・」
私「直さんは、とうさんよりきれいな色だろう・・・」
ジュン「でも、オレが知ってる限り、とうさんのがいちばん大きい。」
私「ジュンだって、けっこういい線いってるだろうが、俊顕よりも大きいだろうが・・・」
ジュン「まあそうなんだけど、俊顕に勝ってるのがアレの大きさだけっていうのはちょっとさみしい・・・」
私「そんなことはないだろう、ジュンは俊顕と比べてもいい線いってると思うけどね。」
ジュン「とうさんがそう言ってくれると、オレとしはすげえうれしいけどね・・・」
私「とうさんにとっては、いつでもジュンがいちばんだからね。」
ジュン「ねえねえ、とうさん、このさい思い切って聞いちゃうけど、とうさんってフェラってしたことある?」
私「何かと思えば、変なことを聞くなあ。まあ、とうさんも数は少ないけど、フェラならしたことあるよ。」
ジュン「やっぱ、するんだ。ということはヒロちゃんのも?」
私「まあ、何回かはしたことあるかも・・・」
ジュン「とうさん、オレのを舐めたいって思ったことある?」
私「そりゃあ、とうさんはゲイだから、息子のモノでもドキドキすることあるけど、でもそれは心のなかで思ってるだけだから・・・」
ジュン「心のなかじゃそう思ってるんだ。オレもとうさんに舐められたらどうかなって思ったことあるから、利害が一致したね。」
私「親子なんだから、したいと思ってもしないようにしないと・・・」
ジュン「インセスト・タブーって、遺伝子が濃くなって変な子孫が生まれるのを防ぐためのものでしょ。オレたちだったら、エッチしたってぜったいに子供は生まれないし、しかもするのは舐めるだけ、ぜんぜん問題無いじゃん。」
私「理屈で言うとジュンの言う通りだけど、理屈でははかりきれないこともあるよ・・・」
ジュン「だって、オレ、飛行機に長時間乗るんだよ、飛行機がもしも落っこったら、もうぜったいにとうさんにしてもらえなくなるんだよ。」
私「何を不吉なことを言ってるんだ、ったく。そんなに言うなら、してもいいぞ。」
ジュン「とうさん、無理してない?」
私「してないぞ。」
ジュン「そうなんだ、うれしいな。」
私「じゃあ、風呂でするとのぼせちゃうといけないから、からだ洗って、ベッドに行こう。」

私たちはからだを洗い合って、そしてベッドに行った。そして、ジュンとくっつくように横になった。

ジュン「ちょっと勃起してきちゃった・・・」

私は少しからだを動かして、ジュンの半勃ちのものを口に入れた。かすかな塩の味がした。

ジュン「なんだ、とうさんもすげえ勃ってきたじゃん。」

ジュンは手を伸ばしてきて、私のいきり立ったものを握った。

そのまま私たちはその行為をずっと続けた。そして、先に私がジュンの手の中で爆発した。そしてその後ジュンが私の口の中に暑い粘液を大量に噴出した。

ジュン「とうさん、ありがとう。」
私「今回だけだぞ。」
ジュン「うん、わかってる。」
私「ほら、気が済んだら、もう寝なさい。」
ジュン「うん、寝る。でもその前にオシッコしなきゃ。」
私「ああ、全部出してくるんだぞ。」

私たちは満足して、ぐっすりと眠ってしまった。
そして翌朝、私たちはホテルの明るいレストランでビュッフェの朝食を食べた。
ジュンとふたりだけで、ホテルで朝食を食べるのは、なんとなく新鮮な気分になってくる。
ジュンの視線に気づいて、ジュンを見ると、ジュンは視線を外さないで見つめてくる。
なんか、親子なのにドキドキしてしまった。

そして、シャトルバスで空港まで行き、ジュンが手荷物検査場に消えていくまで見送った。
何度もジュンを見送っているのに、ジュンと別れると、胸がちりちりと傷んでくる。
そしてジュンは飛行機で出発してしまった。

私は空港を出て、ホテルに戻って車に乗り、今度はヒロのマンションに向かったのだった。




theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ジュンちゃん旅立ちましたね。フィアンセを迎えにいくということは、聡さんとエッチできるのも最後だと思ってフェラを頼んだのかな。聡さんにとっても人生の大事な記念ですね。

Re: No title

たけろー様

コメントありがとうございます。レスが遅れてすみません。
ジュンはフィアンセが帰ってきたことで、また新しい段階に入ったのかもしれませんね。
私も少しずつ前に進んでいかなきゃならないと思っています。
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。