実家に帰省(2)

実家の風呂は、父親がゆったりと入りたいということで作って貰ったので、普通よりはやや広い風呂場になっている。
ジュンと私というからだの大きな男が二人で入っても、それほど狭く感じない。

ジュン:おじいちゃんちのお風呂は大きいからゆったり入れるね。
私:風呂にゆったりと入るって、贅沢な気分になるよな。
ジュン:バスタブも大きいから温まりそう。
私:こっちは東京より寒いから、ゆっくりと入ってからだの芯まで温まるんだぞ。
ジュン:うん、そうする。

まず私がお湯の中に座って足を広げて、ジュンはその間に、私のすぐ前にくっつくように座った。子供の頃はこの体勢がいちばん落ち着きがよかった。今はジュンのほうがからだが大きくなってしまったので、昔ほどはしっくりとこないのは残念である。ジュンが私にもたれかかってきた。

私:こら、もう、甘えて・・・
ジュン:甘えるのは息子の特権だもん。
私:それにしてもジュンは肌がなめらかだな。
ジュン:とうさんだっていい線いってると思うよ。
私:あとでからだ洗ってやるからね。
ジュン:げっ、からだが温まってきたら、オシッコしたくなった。
私:ジュンは昔と同じだな。いつも温まったころにオシッコしたくなる。
ジュン:オシッコしてくる。
私:そんな濡れたからだでトイレに行ったら、廊下もトイレも滴だらけなるだろうが、それに素っ裸でおばさんと鉢合わせたらどうするんだよ。
ジュン:だって、オシッコしたいんだもん。
私:じゃあ、そこの排水口にしてしまいな。あとで流しておけば大丈夫だろう。
ジュン:とうさんがそう言うなら、するけど、なんか抵抗があるなあ・・・
私:ウチじゃ、いつもしてただろうが・・・
ジュン:ウチだったら慣れてるから平気だけど、おじいちゃんちじゃやりにくいなあ。まあもう我慢できないから、ここでやっちゃうけど・・・

そう言うとジュンはバスタブの中で立ち上がり、洗い場の排水口をめがけて勢い良くオシッコを出し始めた。それを見ていると私は不覚にも少し勃起し始めていた。私は必死で勃起を抑えようとした。
そしてオシッコをし終えると、ジュンは私の足の間に入って、前にくっついて座った。

ジュン:げっ、とうさん、ちょっと硬くなってる。
私:まあ、ちょっとだけだ。風呂で温まると大きくなることあるだろう?
ジュン:なんだそうなんだ、オレに感じたのかと思った。
私:それも少しはある・・・
ジュン:やっぱそうだったんだ。
私:ほら、からだを洗うぞ、お湯から出て洗い場のイスに座って。
ジュン:ふわあい。

ジュンを椅子に座らせて、私は膝立ちになってジュンの後ろから背中を洗い始めた。背中を洗い終えると今度はジュンを立たせて、腰と足を洗っていった。
そしてジュンを108度回転させて、今度は私の方を向かせて、首から順に洗っていった。

私:それにしても、ジュンのモノも成長したね。
ジュン:それなりに経験を積んでるからね。
私:ジュン、いったい何人くらいと経験したんだよ。
ジュン:わかんないけど20人位じゃない?
私:初体験は?
ジュン:大学生になってすぐの頃かな。
私:今もセフレいるのか?
ジュン:いることはいるよ。でも最近はたまにしか会わない相手が多いな。
私:セフレとするのもいいけど、妊娠には気をつけろよな。
ジュン:だいじょうぶ、それにエッチしたくらいで結婚したがるような女はいないから。
私:結婚までにはとりあえずセフレは精算しとけよな。
ジュン:うん、もちろんそうするよ。あっ、げっ、勃ってきちゃった。

私が洗っているとジュンのものがだんだんと大きくなり始めていた。
子供のようにきれいなピンク色なのに、大きさだけは大人のものだった。

ジュン:なんかすげえ出したくなっちゃった・・・
私:ここではムリだ、あんまり長風呂してるとおばちゃんが心配して覗きに来る。
ジュン:うん、わかった。
私:じゃあ、さっさと洗って、温まったら出よう。

私たちは風呂から出ると、母親におやすみの挨拶をして、そのまま私の部屋にジュンと入った。
ベッドの下に布団が一組敷かれていたので、私たちはその中に横になった。

ジュン:とうさん、暖かい。
私:やっぱ冬は一緒に寝ると暖かくて気持ちいいな。
ジュン:暖かくて気持よくて、またちょっと固くなってきた・・・
私:若いなあ。
ジュン:とうさんだってまだまだ若いじゃん。
私:まあ、それなりにね。
ジュン:ちゃんとヒロちゃんとしてるの?
私:まあそれなりにね。
ジュン:うわっ、とうさん、すげえ固くなってる。
私:こらこら、触るんじゃないって・・・
ジュン:オレのも触ってよ・・・

私はおそるおそるジュンのものに手を伸ばした。ジュンのものもかなり固くなってきていた。

ジュン「とうさん、先っぽが濡れてきてるね、オレに感じちゃった?」
私「しょうがないだろう、ジュンは魅力的すぎる・・・」
ジュン「とうさんだってすげえいい線いってるよ。とくにここが・・・」
私「うっ、ジュン、そんなにいじるなって・・・」
ジュン「なんか感じてくれるとうれしいよね。」
私「ジュンだってちょっと濡れてきてないか?」
ジュン「とうさんが感じてると思うと、オレも気持ちよくなってきた。」

私たちはお互いの固くなったものを、ゆっくりと刺激していった。快感が少しずつ高まっていき、そしてついにすべてが弾けた。

ジュン「うへっ、ベトベトになっちゃった・・・」
私「すぐ後始末するから、ジュンはもう寝なさい。」
ジュン「うん、そうする、とうさん、ありがと・・・」
私「ジュン、ゆっくり寝るんだよ、おやすみ。」
ジュン「うん、おやすみ。」

疲れたのかジュンはすぐに眠ってしまったようだった。私も後始末をさっさとすませて、ジュンの横に寝転んだ。ジュンの体温が心地よかった。

翌朝、義兄が私たちを部屋まで起こしに来てくれた。私たちは寝ぼけまなこで起き上がった。

義兄「ははは、おはよう、ふたりとも元気だねえ、これじゃあ理●が起こしに来れないわけだ。」
私「お兄さんだって朝は同じでしょう?」
義兄「まあそうだけけどね。とにかくトイレでオシッコすれば普通になるだろ。早く着替えて朝ごはん食べにおいで。」

義兄は私のパジャマのふくらんだところを指でチョンチョンと触れて、部屋を出て行った。

ジュン「なんかおじさんって、ホントのとうさんのお兄さんみたいだね。オレもあんなお兄さんなら欲しいなあ・・・」
私「でもジュンには俊顕がお兄さん代わりじゃないのか?」
ジュン「俊顕は一生懸命お兄さんぶってるけど、ちょっとムリしてるところがあるもんな・・・」
私「じゃあ、それならとうさんがお兄さん役もやってやろう。」
ジュン「そうか、そうだね、とうさん兼お兄さん、いいかも。」
私「それより、ジュン、先にトイレに行っておいで、ガマンしてるとからだに悪い。」

私たちは交代でトイレに行き、とりあえず部屋着に着替えて朝ごはんを食べに行った。すでに父と義兄はテーブルに座って、新聞を分割して読んでいた。

私「お父さん、お早うございます。お義兄さんも。」
父「お前もジュンもよく眠れたか?」
ジュン「すげえよく眠れたよ。」
父「そうか、それはよかった。」
義兄「聡一も新聞読むなら、一枚そっちに渡すけど。」
私「今はいいよ、すぐに朝ごはんでてくるでしょ。」

しばらくすると姉にジュンが呼ばれて、母と三人で朝ごはんを運んできた。日本の朝ごはんという感じだけど、塩分の強いものは父の身体に良くないので減らされている。やはり昔と同じようにというわけにはいかないのだろう。

朝ごはんが終わると、母と姉は後片付けと掃除をし始めた。それが終わると二人で買い物に出かけるという。
ジュンは父に連れられて大学の研究室に言ってしまった。
父がいないので、母と姉は外で昼を食べてくるという。

姉「○吾さんとソウちゃんは、二人で食べに行くなり、冷蔵庫の物を食べるなり、勝手にしてね、あたしとお母さんはお昼をゆっくり食べてから帰ってくるわ。」
母「お父さんとジュンちゃんも大学の人達とお昼を一緒するらしいから。」
義兄「いってらっしゃい。お義母さんもたまにはゆっくりと外食してきてください。」
私「こっちは適当になんか食べてるから。」
母「じゃあ、聡一、お昼代、あげるわね。」
私「そんなのいらないって、お昼代くらい、自分で出すから。」
姉「もう、お母さんは、ホント、ソウちゃんには甘いんだから。」
義兄「お義母さん、お昼代は、俺が出しますから、そのお金はしまってください。」
姉「もう、みんな甘すぎ。ソウちゃん、自分のお昼くらいは自分で出しなさいよ。」
私「はいはい、わかってますよ。」

母と姉は賑やかに買い物に出かけてしまった。

義兄「やっぱ、俺たち二人が余っちゃったね。」
私「兄貴ったら、なんかうれしそうだね。」
義兄「そりゃあ、かわいい義弟と二人っきりになれたんだから、うれしいさ。」
私「かわいいって年でもないんだけどん・・・」
義兄「聡一はいくつになっても初初しいからね、ホント若く見える。」
私「なんか、口説かれてるみたい。」
義兄「みたいじゃなくて、口説いてるけど。」

義兄の訴えかけるような目を見ていると、私は反論する気にならなかった。
私たちは無言で私の部屋に入った。
入るとすぐに私は義兄に抱きしめられた。

義兄「聡一、会いたかったよ。」
私「兄貴、すげえ硬くなってない?」
義兄「けっこう溜まってるからね。」
私「姉さんとはしてないの?」
義兄「このところずっとセックスレスが続いてる。」
私「どうしてだよ?」
義兄「どうもあんまりお互いのからだに興味がなくなったんじゃないかな・・・」
私「じゃあ、どうしてるのさ? 浮気、それとも風俗?」
義兄「浮気なんかできないよ、風俗も好きじゃないし。まあこうやってたまに聡一に会うのを楽しみにしてる。」
私「俺に会うのは年に2~3回じゃん、その他の時はどうしてる?」
義兄「理●がいない時をねらって、こっそりオナニーしてるよ、なんか情けないけどね。でもオナニーしないと夢精しちゃって、さらにカッコ悪いからね。」

私たちはベッドの上に倒れこむように横になった。

私「兄貴、積極的だね・・・」
義兄「早く楽しんでおかないと、誰か帰ってくるとマズい。」
私「俺、今朝、シャワー浴びてないぜ。」
義兄「俺はちゃんと朝シャワー浴びて、きれいに洗ってるから、聡一は安心してしていいよ。」
私「そういうことじゃなくて、俺のほうが臭うかもって言ってるの。」
義兄「聡一の匂いだったらなんだって好きだからだいじょうぶ。」

私たちはふだんよりも早く行為を始めていた。久しぶりの義兄の中に入ると、私はしびれるような激しい快感に全身を震わせていた。
許しあった義兄との行為はもちろん気持ちよかったが、さらに実家で家族のいない間にすることに対してもなぜか私は興奮していた。
義兄もかなり興奮しているのか、喘ぎ声をずっと出し続けていた。
そして私は義兄の中で暴発した。快感がからだの中で爆発したみたいだった。
義兄はちょっとの間、気を失っていた。

私「兄貴、ゴメン、中に出しちゃった・・・」
義兄「俺もそうして欲しかった。」
私「兄貴、中を洗ってきたほうがいいんじゃない?」
義兄「でも、もう少し余韻を楽しみたい。」

男は射精をするとすぐに我に返るが、受けの方の快感はすぐには消えないらしい。
私は義兄を抱き寄せた。義兄は私の胸のところに頭を押し付けてきた。
しばらくすると義兄も元に戻り、私たちは一緒にシャワーを浴びた。

そして、昼になったら、キッチンで仲良く簡単な昼食を作って食べた。
そして二人で軽く抱き合って一時間ほど昼寝をした。

午後3時頃、まずは母と姉が買い物袋をたくさん持って賑やかに帰ってきた。
父とジュンのほうは夕方仲良く帰ってきた。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

ジュンくんのお父さん兼お兄さん。ヤングパパならではですね。お互いいかせる関係素敵です。義理のお兄さんとも定例ですね。連日すごいです。

Re: タイトルなし

たけろー様

コメントありがとうございます。
実家に帰省するといつも同じような事になってしまいます。
何か新しい展開が起こってくれると面白いんですけどね・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード