スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俊顕くんを見送った後

この前の週末、留学に出発する俊顕くんを送りに私は羽田空港に行った。
車を駐車場にいれ、待ち合わせ場所のチェックインカウンターに行った。
俊顕くんをさがして周辺をうろうろとしていると、駐車場からの通路をこっちに向かってくる俊顕くんたちを見つけた。
俊顕くんとご両親、ジュン、それに運転手さんがスーツケースを転がしてきたっしょにこっちのほうに歩いてきた。

私「どうもご無沙汰してます。」
父上「お互い様だよ。今日はわざわざすまないね。」
母上「ジュンちゃんだけじゃなくて、聡一さんもウチにもっといらしてくださるとうれしいわ。」
私「ありがとうございます。」
俊顕くん「とりあえず、荷物を預けちゃうから、ちょっと待ってて。」

俊顕くんと運転手さんが手荷物カウンターに行って手続きを始めた。

私「俊顕くんは海外は慣れてるから、心配はないでしょう。」
母上「それでもやっぱり海外に出すとなると、いろいろありますからね。」
父上「もう俊顕も立派な社会人なんだから、自分のことは自分で切り開いていかなければ。」
母上「俊顕もなりは大きくなったても、私たちの子供であることにはかわりないんだから。」

まだ出国するまでには時間があったので、私たちは近くのカフェに入った。

俊顕くん「ジュン、いろいろとありがとう。なんか出発前にいっしょにいてくれて助かったよ。」
ジュン「俊顕ならだいじょうぶだって。」
俊顕くん「ジュンに負けないように頑張ってくるからね。」
父上「最初に行ったジュンくんのほうが大変だったんだから、後から行く俊顕はさらに頑張らないといけないな。」
俊顕くん「もう、プレッシャーを遠慮なくかけてくるんだから・・・」
母上「頑張ってくるのよ、俊顕さんならできるわよ。」
ジュン「オレもそう思う。」

いつになく俊顕くんがナーバスになっているようだった。なんでもできる俊顕くんでもプレッシャーを感じることがあるらしい。

そして時間が来て、出国ゲートの前まで俊顕くんを送ってから、私たちは駐車場に戻った。
俊顕くんのご両親と運転手さんと別れて、私とジュンは首都高を通って、マンションに帰った。

ジュン「行っちゃったね、俊顕。」
私「俊顕、マジでプレッシャーでブルーになってたのか?」
ジュン「うん、そうみたい。まあ甘えもだいぶ含まれてたみたいだけどね。」
私「ジュンと俊顕だと、俊顕のほうがお兄さんキャラだろうが?」
ジュン「他の人のいるところだとそういうふうなキャラなんだけど、俺と二人だけになると、けっこう甘えるようなそぶりも見せるよ。」
私「ったく、俊顕のやつはしょうがないなあ。」
ジュン「でも、そういう俊顕もけっこうかわいいとこもあっていいかもね。」
私「へんなこと聞くけど、昨夜は俊顕といっしょに寝て、何にもなかったのか?」
ジュン「べつにエッチはしてないよ。でもふたりのを重ねて擦って出すくらいのことはしたけど。」
私「それで俊顕のやつは満足したのか?」
ジュン「どんなかたちでも出しちゃえはそれなりに満足するんじゃなかな。それにその後朝まで、オレは俊顕の抱き枕にされてた。」
私「まあ、そのあたりが限界だな。ジュンはゲイじゃないんだし・・・」
ジュン「でも、意外に俊顕とするのは気持ちがいいけどね。」
私「まあ、それ以上はしない方がいい。」
ジュン「とうさん、俊顕に嫉妬してるの?」
私「してないけど、気にはなる・・・」
ジュン「俊顕よりもとうさんとするほうがオレはずっと気持ちいいよ。」
私「それならいいけどね・・・」
ジュン「とうさん、いっしょにお風呂入ろうよ、からだ洗ってほしいな。」
私「もう、甘えた声を出して。そういう声を出すと、とうさんがすぐに言うことを聞くと思ってるだろう。」
ジュン「バレちゃった、でもやさしいとうさんのこと、好きだよ。」
私「とうさんもジュンのことが好きだよ。」
ジュン「とうさんの子供でよかった。」
私「そう思ってくれてると、とうさんもうれしいよ。」
ジュン「とうさんはオレにとってはお母さんでもあるんだよね、だから普通より二倍好き。」
私「ジュンにさみしい思いをさせたくなくて、とうさん必死だったからね。」
ジュン「親孝行して少しでもとうさんにお返ししなきゃね。」
私「ジュンに何か返してもらわなきゃならないことは、とうさん何もしてないよ。ジュンにしてあげたのは親として当然するべきことであって、感謝されるようなことじゃないんだ。」
ジュン「そう言われると、何もできないオレは困ってしまうじゃん。」
私「ジュンが何か恩返しをしたいんだったら、とうさんに対してじゃなくて、未来のお嫁さんとか将来できる子供とかにやさしくしてくれればとうさんへの恩返しになると思うよ。」
ジュン「結婚相手とか、子供に対してやさしくするのは、べつに普通のことだから、とうさんに何かしたいんだけど・・・」
私「ぶっちゃけ、ジュンがいてくれるだけで、じゅうぶんすぎるくらい、とうさんは幸せだし・・・」

私は自然にジュンにキスをした。とても甘いキスだった。

その夜、ベッドに入ってもジュンはずっと私に甘えていた。

私「ジュン、どうした、甘えてばっかだな。」
ジュン「なんかすげえ甘えたいんだもん。」
私「なんか、昔を思い出すね。ジュンは夜が怖くて、寝る時はいつもとうさんに甘えてたからね。」
ジュン「怖い夢をよく見るせいだったんじゃないかな。」
私「よくうなされてたよね。」
ジュン「留学中に神経が不安定になった時、昔みたいな怖い夢けっこう見たよ。」
私「今はもうそれはだいじょうぶなんだろう?」
ジュン「うん、ほぼだいじょうぶみたい。だって、とうさんがいっしょに寝てくれてるもんね。」
私「そういえばとうさんも子供のころ、ときどき怖い夢を見たような記憶があるな。」
ジュン「怖い夢とオネショの組み合わせは最悪だった。」
私「そろそろ寝るか?」
ジュン「うん、ちょっと眠い。その前にオシッコしてくるね。」

私は先にタンクトップとパンツだけになり、ベッドに入った。ジュンはまだ裸族のままである。

ジュン「裸で寝たら、エアコン使わなくてもだいじょうぶだよ。」
私「それはそうだけど、上半身はともかく、ノーパンだと下半身が頼りなくて。」
ジュン「それは慣れの問題だよ。オレなんか平気だもん。ほら、とうさん、脱がせてあげるから。」
私「もう、しょうがないなあ。」

ジュンにタンクトップとパンツを脱がせてもらうのは気持ちよくて、私はほんの少し勃起し始めていた。

ジュン「あっ、とうさん、勃ってきちゃった?」
私「服脱がされて、くすぐったかったんだよ。」
ジュン「でも、まだそれほど固くなってないね。」
私「こらこら、握るんじゃないって。」
ジュン「でも握ったら、急に大きくなってきた。」
私「そんな触り方したら、感じるだろうが・・・」
ジュン「とうさん、オレのも触ってよ。」

私が握るとジュンのモノも固くなり始めた。

ジュン「とうさんにしてもらうと、すげえ気持ちいい。」
私「うっ、なんかジュンの手が吸い付いてくるみたいな感じだ。」

私たちは激しい快感におそわれて、理性を忘れそうになっていた。
時間のたつのも忘れて私たちはお互いの硬くなったモノを刺激していた。
そして、先にジュンが激しく爆発した。ジュンの発射した粘液が私のからだを汚した。
そしてほどなく私もジュンめがけて白いマグマを噴出したのだった。

ジュン「うへっ、ドロドロになっちゃったね。」
私「すぐに拭いてやるから、動かないで。」

私はティッシュを取って、ジュンのからだを拭き、そして自分のからだも吹いた。シーツにも点々とシミができていたので、それもティッシュでていねいに拭いた。

ジュン「とうさん、ありがとう・・・」
私「疲れただろう、寝なさい。」
ジュン「うん、寝る。とうさん、おやすみ。」
私「ぐっすり寝なさい。」

私はジュンに軽くおやすみのキスをした。それで満足したのか、ジュンはすぐに寝息をたてはじめた。
私もジュンを緩く抱いて、そのまま眠りに引き込まれていった。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。