年末年始の出来事(1)

12月の三連休の真ん中の日、ジュン夫婦が日ごろお世話になっている人を招いて、マンションでちょっとしたパーティーをした。
招待者はひ〇さんのご両親、ジュン夫婦の媒酌人をしてくれた俊顕くんのご両親、それから俊顕くん夫妻、それからひ〇さんの弟のしゅんくん、あとはジュンとわたしの共通の友人である直さんであった。
ジュン夫婦に子供ができたことがいちばんのお祝いの理由になっていた。
まだはっきりとはしないのだが、俊顕くん夫婦にも新しい命が宿った可能性が大きいらしい。

ひ〇さんの父上「それにしても仕事にしか興味がないひ〇が結婚したと思ったら子供を授かって、これは予想外の幸せだな。」
しゅんくん「おねえちゃまみたいなのを貰ってくれるなんて、ジュンにいはホントボランティアみたいなもんだよね。」
ひ〇さん「しゅん、あなたは黙ってなさい。」
俊顕くんの母上「うちもどうも子供ができた兆候があるんですのよ。」
俊顕くん「まだ、はっきりはしないんだけど、なんか体調の変化がそうらしいんだよね。」
俊顕くんの父上「今年はいろいろといい年になりそうだ。」
俊顕くん「うちの子供が男の子で、ジュンのところが女の子だったら、その子はうちの嫁に予約だからね。」
俊顕くんの母上「あら、そうなるとうれしいわねえ。」

パーティーでは、わたしとジュンが俊顕くんの披露宴で弾いたフランクのヴァイオリンソナタ第四楽章を弾いた。
俊顕くんは直さんとモーツアルトの連弾ソナタの一楽章を弾いた。
パーティーは妊婦がいるということで、比較的早めにお開きになった。
ひ〇さんはご両親といっしょに、その夜から実家に帰ることになった。
その後、直さんだけが残って、わたしとジュンと三人で、少しお酒を飲んだ。

夜遅く、直さんが帰ってしまうと、またジュンとわたしは、ひ〇さんの子供が生まれるまでは、もとのようにふたりだけで暮らすことになった。

そして翌日のクリスマスイブには、わたしはジュンと午後のコンサートに行き、その帰りに都心のイルミネーションを見て帰った。

年末はジュンもわたしも29日から休みになったが、ジュンは年末はとりあえずひ〇さんの実家に行った。
わたしは28日の夜から、ヒロのマンションに行き、31日の朝にはヒロを連れて、実家に帰省した。
実家に帰ると、姉夫婦もすでに来ていた。
大みそかは6人でにぎやかに過ごした。

1日には、朝、父の音頭のもと、お屠蘇で新年の乾杯をしてから、みんなでお雑煮とお節を食べながら、にぎやかに正月を祝った。

父「新年おめでとう。今年もみんな元気に正月を迎えることができた。ヒロくんも遠いところを来てくれてありがとう。ジュンはいないが、夕方には着くということだ。それでは今年も良い年であることを願って、乾杯!」

新年は家族全員でお屠蘇を酌み交わすことで始まった。

父「ヒロくん、聡一を末永くよろしく頼むよ。」
ヒロ「はっ、はい、もちろんです。」
父「聡一は今でこそこんなに大きなからだになっているが、子供の頃はからだも小さくて良く熱を出したり病気になったもんだ。ジュンが結婚して、聡一もさみしくなるだろうが、ヒロくんがいてくれればだいじょうぶだな。」
母「うちはいつでも大歓迎だから、もっと顔を見せに来てくれるとうれしいわ。」
ヒロ「ありがとうございます、なんか、すげえうれしい・・・」
姉「うちの亭主もイケメンだけど、ヒロくんもイケメンよねえ。」
義兄「俺みたいなおっさんと比べるとヒロくんがかわいそうだ。」
私「ったく、お姉ちゃんは男を顔でしか判断しないんだから。」
姉「そんなことないわよ、性格も重視してるわよ。だから聡一、あんたも性格をもっと良くしなさい。」
私「まずお姉ちゃんの性格が治ったらね。」
姉「うるさいわねえ、聡一はホントかわいくないわ。」
私「かわいいわけないじゃん、だって今年中に孫が生まれるんだから。」
姉「聡一、あんた、その顔で孫ができるなんて詐欺よ、詐欺。」
母「まあ、わたしたちもひ孫ができるんだから、年よねえ。」
姉「お母さんにはもっとしっかりしといてもらわないと。」
父「わたしにもしものことがあったら、お前たちにお母さんを支えてもらわなければならないから、今から頼んでおくぞ。」
姉「お父さん、正月から縁起でもないことを言わないでよ。でも、お母さん、ひとりになったウチにくるでしょ。」
父「そうしろそうしろ、それなら思い残すことなくわたしもあの世に行ける。」
母「今から先のことを考えても仕方ないでしょ、なるようになるわよ。」
私「お父さんにはひ孫の成長を見届けてもらわないと・・・」
父「そうだな、まずはひ孫を抱きたいな。」

そして午後にはヒロが自分の両親と正月を迎えるために実家を出ていった。
それと入れ替わるように、ジュンが実家にやってきた。

ジュン「おじいちゃん、オレたちに子供ができました。おじいちゃんのひ孫になる子供だよ。そんでひ〇は今回は大事をとってこっちには来ないけど。」
母「ホント、今が一番体調に気を使わなければならない時なんだから。」
父「そうか、できたか。曾孫の顔を見たら、もうおじいちゃん、思い残すことはない。」
私「おとうさん、そんな心細いことを言わないで。曾孫がどんどん成長してくところを見ていってもらわないと。」
ジュン「子供が学校に行くようになったら、おじいちゃんに勉強をみてもらいたいんだよね。」
父「そうか、それはおじいちゃん、がんばらないといけないな。」
姉「おとうさんもまだまだ老け込まないようにしてよね。」

ジュンが加わって、もう一度お屠蘇で正月のお祝いをした。
そしてまたお雑煮とお節を食べた。私にとって母のお雑煮とお節はソウルフードのようなものである。

夜は実家のわたしの部屋でジュンとふたりで寝ることになった。
布団を二枚並べて敷いて、わたしたちはくっつくように寝たのだった。

私「ジュン、ひ〇さんは元気だった?」
ジュン「うん、つわりもましになったみたいで、けっこう元気だよ。やっぱり早く実家に戻って良かったみたい。」
私「生まれるまでは大事にしないとね。」
ジュン「うん、妊娠がわかってから、オレも大事をとって、エッチしてないからね。」
私「そうなんだ。」
ジュン「結婚を機に、セフレを全部解消しちゃったし、それに浮気なんかしたくないし、けっこうこのところムラムラしたりするよ。」
私「オナニーとかはしないのか?」
ジュン「既婚者がオナニーするなんて、悲しすぎる。」
私「そういうもんなのかな。」
ジュン「とうさんはヒロちゃんとはちゃんとしてるの?」
私「う~ん、初期の頃から比べたら、あんましなくなってるよね。」
ジュン「やっぱそうなんだ、俊顕の話によると、ゲイカップルって比較的早くセックスレスになりやすいって・・・」
私「まあ、ヒロとは完全にセックスレスになってるわけじゃないし・・・」
ジュン「じゃあ、いちばん最近したのはいつ?」
私「ええと、たぶん、12月の三連休の最初に日かな。」
ジュン「じゃあ、今日で10日してないわけじゃん。とうさんはムラムラとかしないの?」
私「そうだな、多少勃起しやすいかな。」
ジュン「そうなんだ、どれどれ・・・」

ジュンは手をわたしの下腹部に持ってきて触った。

ジュン「なあんだ、とうさん、けっこう硬くなりかけてるじゃん。」
私「だから、ちょっと勃起しやすくなってるんだって・・・」
ジュン「とうさん、ちょっととうさんのおっぱい飲んでいい?」
私「いくら吸ってもたぶん何もでないぞ。」
ジュン「出るよ、強く吸うと少しだけどなんか出てくるもんね。」
私「しょうがないなあ、吸ってもいいけど、ちょっとだけだぞ。」

ジュンはわたしのパジャマを脱がせて、わたしの乳首をくちびるで挟んで吸い始めた。
ときどきジュンの舌先がわたしの乳頭を舐めると、わたしは思わずうめき声を発していた。

ジュン「とうさん、感度いいね、自然に声が出てる。」
私「そろそろいいだろう、何にも出ないんだから、吸ってもしょうがないだろう。」
ジュン「なんか、とうさん、すげえギンギンに勃起しちゃったね。」
私「ジュンが吸ったからだ。」
ジュン「そうだ、オレ、とうさんのミルク飲みたい。」
私「だから、いくら強く吸っても何も出ないって。」
ジュン「おっぱいじゃなくても、白いミルクが出るじゃん。」
私「ばあか、出るけど、それは・・・」
ジュン「ちょうどとうさん、溜まってるみたいだし、オレにミルクちょうだい。」
私「ミルクじゃないって、たぶん精液はおいしくないぞ。」
ジュン「それは飲んでみないとわからないじゃん。」
私「もう、しょうがないヤツだなあ、ジュンは・・・」
ジュン「いいの、じゃあ、オレ、下のミルクを吸うよ。」

わたしもちょっと出してなかったので、おかしくなっていたのかもしれない。
積極的にでてくるジュンにわたしは拒否できなくなっていた。
ジュンはわたしのパジャマとパンツを脱がせた。
固くなった私のモノがぴょこんと跳ねるように飛び出してきた。

ジュン「とうさん、すげえギンギンになってる。」
私「ジュンが口で乳首を刺激したからだぞ。」
ジュン「じゃあ、次はこっちを吸ってあげるね。」
私「ジュン、マジか、汚いぞ。」
ジュン「寝る前にいっしょにお風呂入ったじゃん。」
私「確かに風呂でちゃんと洗ったけど、その後、寝る前にオシッコしたぞ。」
ジュン「とうさんは、前にオレのオシッコはぜんぜん汚くないって言ってたじゃん。なら、とうさんのだって汚くないってこと。」
私「あのなあ、口でするのはちょっとまずいかも・・・」
ジュン「だって、乳首は吸ってもほとんど出てこないけど、こっちは濃いミルクが必ず出てくるじゃん。子供が母親のおっぱいを飲むみたいなもんだよ。」

そう言うとジュンは、わたしのモノに顔を近づけてきた、そのまま口を開けて私のモノをパクっと咥えた。

ジュン「とうさんの先っぽ、ぬるぬるしててちょっとしょっぱい。」
私「だから、ちょっと前にトイレで出したから…」
ジュン「オシッコだとこんなにぬるぬるしないでしょ。」
私「だから、ちょっと溜まってるから・・・」

ジュンはチュッパチャップスでも舐めるかのように、口に含んだ私のモノの先っぽ舌で刺激した。
ジュンはおいしくてしょうがないというような表情で積極的に舐め続けた。
どのくらい時間が経ったかわからなくなった頃、ジュンの舌のザラザラが敏感な亀頭の先を割るように刺激した時、わたしはガマンできずに暴発したのだった。
ジュンの口の中にわたしは激しく射精していた。
射精が終わった後も、ジュンが舌で刺激すると、わたしは腰を引きたくなるほど激しく感じていた。

ジュン「とうさん、すげえいっぱい出たね。」
私「ジュン、早く吐き出してきなさい。」
ジュン「だいじょうぶ、飲んじゃった。」
私「まずかっただろう。」
ジュン「複雑な味でおいしかったよ、とうさんのミルクだし。」
私「お腹こわしても知らないぞ。」
ジュン「ミルクとたいしてかわらないよ、だからだいじょうぶ。」
私「次はジュンが出す番だろう。」
ジュン「うん、でも、もう、だいじょうぶ・・・」
私「だいじょうぶって、どうした?」
ジュン「とうさんがオレの口の中で射精するのを感じたら、なんかオレもパンツの中で爆発しちゃった・・・」
私「ジュンも出したのか、じゃあ、パンツ気持ち悪いだろう。」
ジュン「うん、中が精液でドロドロになっちゃった。」
私「じゃあ、新しいパンツに替えてやるよ。」

わたしは起き上がって自分のパンツを穿き、バッグの中からジュンのパンツを取り出した。
そして、ジュンを立たせて、まずは濡れたパンツを脱がしてやった。パンツの中は大量の精液で濡れていた。
パンツの乾いたところで、ジュンの股間を拭き、新しいパンツを穿かせた。

ジュン「とうさん、パンツ替えてくれてありがとう・・・」
私「親が子供のパンツを替えるのは当たり前のことだから・・・」
ジュン「オレはもう子供じゃねえし・・・」
私「パンツの中に漏らしちゃうなんて子供と同じだろ。」
ジュン「へへへ・・・」
私「なんか、懐かしいよな、昔は夜中にジュンのパンツを替えてたもんなあ。」
ジュン「オレのオネショひどかったからね、とうさんは大変だったね。」
私「大変なんて思ったこと一度もないよ。」
ジュン「とうさん、いろいろありがとね。」
私「だから、親だから当然のことをしただけ。」
ジュン「オレもとうさんみたいな親になれるといいな。」
私「なれるさ、じゅんなら絶対なれる。」

わたしたちは抱き合うように横になり、そのまま眠ってしまっていた。

翌日2日の午後、ジュンはひ〇さんの実家にまた戻ってしまった。
そして私も3日には義兄の車に同乗して、義兄の家にまで行き泊まった。翌日義兄の家の近くの駅から新幹線に乗るのに便利だからだ。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親 帰省

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。

この続きはなるべく早くアップしたいと思っています。

これからもブログの応援よろしくお願いします。

ジュンくん、かわいいですね。
お父さんのものをやってるときに自分も暴発なんてすごい。
今度は、ジュンくんにもやってあげてください。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

ジュンとできるのはこのあたりが限界かなと思っています。

今年もブログの応援よろしくお願いします。
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード