ジュンと帰省(1)

ゴールデンウィーク最初の日の土曜の夜、前日からひ〇さんの実家に行っていたジュンが戻ってきた。
そして軽く荷物をまとめて、私たちは京都行の夜行バスの乗り場に向かった。
GWなので混んでいるかと思ったら、すでに遠くに行くバスは発車済みで、深夜近くに出る京都行のバス乗り場は予想ほど混んでいなかった。
ただ、乗り込んだバスは満席だった。
私は中ほど左側の席の窓側に座った。本来ならジュンを窓側に座らせたかったが、やはり万が一事故が起こった時は、通路側のほうが生存率が高いらしいので、ジュンにはやはり通路側にいてほしかった。
バスの座席はそれほど広くないので、大の大人がふたり座るとからだをくっつけなければならない。

私「ジュン、とうさんにもっと寄りかかっていいぞ。「
ジュン「うん、とうさんにもたれて寝るから。」
私「疲れてるんだろう、寝なさい。」
ジュン「別に疲れてないけど。オレたち、子供が生まれるまでは悪い影響があるといけないから、してないから・・・」
私「そうだったね・・・」
ジュン「でも、もう眠くなってきた。」
私「じゃあ、とうさんにもたれて寝なさい。」
ジュン「うん、そうする。」

ジュンは私のほうに少しもたれかかるような姿勢で、すぐに眠り始めた。
私はもたれかかるジュンを起こさないようにじっとしていた。
すると私のほうも間もなく眠っていた。

深夜に一度トイレ休憩の時にバスを降りて、サービスエリアのトイレにジュンと行った。
けっこうな人が歩いていて、やはりGWであることを感じさせた。

次に起きると、バスはもう京都の郊外を走っていた。
少しかなり予定よりも遅れてバスは京都駅に着いた。

theme : 男同士の恋愛
genre : 恋愛

tag : ゲイの父親

comment

管理者にだけメッセージを送る

ジュンくんとバス旅ですね。
ちゃんとパパしてて微笑ましいです。

Re: タイトルなし

たけろー様

いつもジュンといっしょに実家に帰省する前にちょっとだけする旅行です。
次のお盆の頃は、ジュンの子供が生まれる時期になるので、これがとりあえず最後の父子旅になります。
けっこう楽しい旅でした。
プロフィール

悩む父親

Author:悩む父親
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリー
メールフォーム
何でもけっこうですので、メールをくださると嬉しいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
QRコード
QRコード